ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
対談:入社1年目の教科書
【第3回】 2012年3月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

入社1、2年は「良き社畜」として騙され続けよ。
で、最後に1回だけ裏切ればいい
人気ブロガー 藤沢数希
聞き手:ライフネット生命保険副社長 岩瀬大輔

1
nextpage

第3回のゲストは、人気ブログ「金融日記」の管理人の藤沢数希さん。 外資系投資銀行に身を置く辛口批評家の口から出た言葉は、 意外にも「上司にとことん騙されよ」。その真相とは?(一部肩書きは取材時のものです)

 

「良き社畜」となった入社1年目

岩瀬 藤沢さんの入社1年目は、どんな仕事をされていましたか。

藤沢 外資系投資銀行でクオンツ・アナリストをしていました。
普通のアナリストは株や債券の個別銘柄に対して、財務諸表の分析とか将来の利益予想をしますが、 クオンツ・アナリストは、簡単に言うともうちょっとマクロで見て、いろんなデータをコンピュータを使って定量分析したり、様々な数理モデルを使って投資戦略を練る仕事です。

岩瀬 そこでの業務は?

藤沢 最初は上司の丁稚奉公ですよね。上司が投資家向けにレポート書いたり、社内のセールスやトレーダーに頼まれた分析をするのですが、それのデータを作ったり、下書きを書いたり、と言った泥臭い仕事です。上司が夕方5時ぐらいに僕のところにやって来て「これやっといて」って言うんですよ。その後に、上司は接待だとかなんかで、お客さんとキャバクラに行ったりしてました。

岩瀬 夕方ですか…。

藤沢 いつも、夕方でしたね。僕はいつもそれを夜11時とか12時ぐらいまで、ずっとやっていたんです。 終電が終わったらタクシー。で、次の朝までに必ず出すんですよ。

岩瀬 なるほど。それが最初の1年ぐらいですか。

藤沢 最初の1年ぐらいですね。

岩瀬 最初の1年で学んだビジネス・パーソンとしての基礎素養はありますか?

藤沢与えられた仕事をとにかく一生懸命やることです。そして、上司にどうやって気に入られるか。それが1年目のすべてだと思います。

岩瀬 辛口ブロガーの藤沢氏から意外な言葉が…。最初は上司に気に入ってもらえなかったのですか?

藤沢 そうですね。僕は物理学の研究者から金融機関に転身したので、入社当初は金融や経済についての知識がぜんぜんありませんでした。だから、最初の2、3ヵ月は「お前、こんなこともできないのか」みたいな感じで上司にいつも怒鳴られていました。まあ、率直に言って粗末に扱われていましたね。

岩瀬 どうして粗末に扱われたんですか。

藤沢 言われたことがすぐできないからですね。何も教えてくれない上に、やれって言われてできないとすごく怒られる。最初は本当に辛かった。

 しかも、僕は研究者の道を捨てて、金融機関に就職していたので、最初の数ヵ月でドロップ・アウトしたら、このまま一生「落伍者」のレッテルをはられて社会の底辺で生きていくしかないと思いつめていたので、逃げ道もない。もう、上司に好かれる以外に、生きる道がないんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
統計学が最強の学問である[ビジネス編]

統計学が最強の学問である[ビジネス編]

西内 啓 著

定価(税込):本体1,800円+税   発行年月:2016年9月

<内容紹介>
累計43万部突破の超人気シリーズに、ついに文系でもわかる「実用書」が登場! 「ビジネス×統計学」の最前線で第一人者として活躍する著者が、。日本人が知らない「リサーチデザイン」の基本を伝えたうえで、経営戦略・人事・マーケティング・オペレーションで統計学を使う知恵と方法を詳細に解説します。

本を購入する
プレミアム白熱講座・第1回
(POSデータ調べ、9/18~9/24)


注目のトピックスPR


岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1998年卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て米国に留学。2006年ハーバード経営大学院(HBS)を日本人4人目のベイカー・スカラー(成績上位5%表彰)として修了。帰国してライフネット生命保険設立に参画。2013年6月より現職。2010年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出。内閣府IT戦略本部専門調査会委員。 主な著書に『ハーバードMBA留学記~資本主義の士官学校にて~』(日経BP社)、『生命保険のカラクリ』(文春新書)、『ネットで生保を売ろう!』(文藝春秋)、論文に「規制緩和後の生命保険業界における競争促進と情報開示」(「保険学雑誌612号」2011年3月号)などがある。


対談:入社1年目の教科書

「対談:入社1年目の教科書」

⇒バックナンバー一覧