HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

負けないオトコの食事学

できるビジネスパーソンは何を選ぶ?
リーダーになれる人のランチ、なれない人のランチ

石坂優子 [栄養アドバイザー]
【第2回】

「今日は午後から大事なプレゼン、なのにどうしても集中力が出ない」「午後の会議中に猛烈な睡魔に襲われる」そんな経験はありませんか? その一方で、午後もバリバリと仕事をこなす人。この違い、実は、ランチメニューの選び方にあったのです!

たかがランチ、されどランチ。
大事なプレゼン前に選んじゃいけないメニューは?

 「午後は大事なプレゼンがあるから、大盛りご飯で気合いを入れよう!」
「お腹がいっぱいになると眠くなっちゃうから、今日のランチはぬきで」

 どちらもついついやってしまいそうなビジネスパーソンの行動です。でも、この選択、間違っていることをご存じですか? リーダーになるためのランチなんて、ちょっと大げさでは?と思うかもしれませんが、実はランチの選び方ひとつで、午後の集中力が大きく左右されてしまうのです。今回は、シチュエーションによってランチを上手に選ぶ食事学です。

 ランチの後に眠くなる、集中できなくなる大きな原因のひとつとして、「食後に血糖値が異常に低くなっている」可能性があります。

 同僚と一緒に、パスタやカツ丼、うどんにカレーライス大盛り、デスクに座っておにぎり2つにパン1つ……誰もが心当たりのある「ランチシーン」ですよね。しかしこの食事スタイルが実はとっても危険。前回お話しした血糖値とインスリンの関係でもおわかりのように、ここに上げた食事スタイルは、すべて「食べたときに血糖値を急激に上げ、それをインスリンの働きで急降下さてしまう」メニュー。そのせいで眠気やだるさで集中できないといった症状が現れることがあるのです。この事実は、すでに今から90年ほど前の1924年にアメリカの医師、シーレ・ハリス氏が異常な低血糖とそれに伴う症状についての論文を発表しています。

 つまり、例にあげたようなおにぎりやパン、パスタやカツ丼など消化しやすく血糖値の上がりやすいメニューをついついランチで選びがちな人は、食後に血糖値が急激に低くなり、その結果、大事なプレゼンの最中に眠気に襲われたり、集中できなくなる可能性が高くなる可能性が大、なのです。

 では逆に、空腹の状態なら集中力も高まるのでは?と思われるかもしれません。しかし、こちらにも意外に知られていない落とし穴があるのです。

1 2 3 4 5 >>
関連記事
このページの上へ

石坂優子(いしざか・ゆうこ) [栄養アドバイザー]

美容栄養アドバイザー、フードコーディネーター。
1985年生まれ。2007年ミス・ユニバース・ジャパンに出場し、ファイナリストに選ばれる。大会出場後、人の体と食の関係の深さに触れ、栄養士資格取得のために進学。レストランの厨房、健康系カフェのスイーツ・フードコーディネーターのアシスタントなどさまざまな食の経験を積む。栄養士、サプリメントアドバイザーの資格を取得後、フードコーディネーターとして活動をスタートさせる。2009年より、ミス・ユニバース・ジャパンの美容栄養トレーニング講師として後輩たちに食事の指導を行う。現在は、美容栄養アドバイザーとして、デニーズをはじめとするファミリーレストラン、社員食堂、スーパーマーケット、メーカー等の企業やメディアと一緒に健康系メニュー・レシピの開発を行っている。著書に、『おいしい!ヘルシー!ヨナナスレシピ』(池田書店)がある。


負けないオトコの食事学

老けて見える人と若く見える人、リーダーになれるオトコとなれない男、女性社員から慕われる上司、嫌われる上司……。両者の間にはある決定的な違いがあった! それは「食の選び方・摂り方」だ。体の不調もリーダーシップも、社内人事も「食」でコントロールできるとしたら!? 元ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリストであり、著書『美健丼 美味しく食べて健康になる丼レシピ53』が人気の栄養アドバイザー石坂優子氏が、一流のビジネスパーソンになるための食事法を詳しく解説していきます。

「負けないオトコの食事学」

⇒バックナンバー一覧