ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第31回】 2013年12月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

TPP交渉佳境の今こそ読んでおくべき
自由貿易の経済学的論拠
『自由貿易への道――グローバル化時代の貿易システムを求めて』

1
nextpage

一般にはTPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement 環太平洋パートナーシップ協定)に参加することで自由貿易の恩恵に授かれる、と言われていますが、どうもそう単純な話ではないようです。今回ご紹介するのは、自由貿易論者の大御所、ジャグディッシュ・バクワティの『自由貿易への道――グローバル化時代の貿易システムを求めて』です。

TPPに参加すれば
本当に経済が潤うのか

ジャグディッシュ・バグワティ著、北村行伸、妹尾美起訳『自由貿易への道――グローバル化時代の貿易システムを求めて』
2004年3月刊。ストックホルム商科大学での講義をまとめた書。数式を使わない、一般向けの経済書です。

 2006年にシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4ヵ国間で発効したTPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement 環太平洋パートナーシップ協定)は、2010年3月にアメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナムが加わって8ヵ国で交渉が始まりました。その後、マレーシア、カナダ、メキシコ、日本が交渉に参加して12ヵ国に拡大し、いよいよ大詰めを迎えています。

 TPPに入らなければ自由貿易の果実を得られない、と考えられています。本当にそうでしょうか。自由貿易とは何か、メリットとは何でしょうか。

 自由貿易を本当に理解するために格好の書物が本書、バグワティの『自由貿易への道』です。コンパクトにまとまり、非常に難解な国際貿易理論の学説史まで簡明に説いてくれます。バグワティ(1934-)はインド出身の経済学者で、英国と米国の大学で学び、1980年からコロンビア大学教授として教壇に立っている大御所です。ポール・クルーグマンの先生としても有名です。

 自由貿易のメリットは古典派時代のデヴィッド・リカード(1772-1823)による比較優位論で明らかになっています。バグワティはこうまとめます。

 リカードは必要最低限のモデル――二財を生産性の固定された労働要素によって生産し、二国間で二財の相対的生産性が異なるモデル――を用いて、両方の国が特化を通じて、貿易から利益を得ることができるということを示した。リカードの分析では、価格メカニズムが資源分配を促すという条件のもとで自由貿易政策がとられている場合、貿易から「技術の特化」がもたらされることが示唆されていた。(4ページ)

 これはもっともシンプルなモデルで、たとえば繊維産業に特化した国とワイン生産に特化した国が交易すれば、それぞれ異なった生産性の二つの財を相互に購入することによって双方ともに利益を得ます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧