ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

出店無料のフリーマーケットも提案
リユースを軸に事業を拡大中
マーケットエンタープライズ社長 小林泰士

週刊ダイヤモンド編集部
【第82回】 2009年8月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
マーケットエンタープライズ社長 小林泰士(撮影:住友一俊)

 なんと出店料が無料という、出店者にとってはうれしいフリーマーケットが登場した。運営しているのは東京都墨田区のマーケットエンタープライズだ。出店無料の仕組みはどうなっているのだろうか。

 じつはマーケットエンタープライズは、企業からフリーマーケットの集客、出店者募集などの運営を受託して収益を得ている。スポンサーとなるのはスーパー、自動車ディーラー、ショッピングモール、パチンコホールなどだ。

 企業はマーケットエンタープライズに対して企画・運営費を支払う。一方でマーケットエンタープライズは、会場のレイアウト作成や、地域のフリーペーパー、新聞などに広告を載せて開催の告知と出店者の募集を行ない、当日は運営まで執り行なう。さらに集客1000人、出店者40人などの効果を保証することもあるという。こうした仕組みがあるため、通常は2000~4000円はかかる出店料が無料になるのだ。

 企業にとっては集客だけでなく、リサイクル運動に貢献し、売上高の一部を寄付に回すことでチャリティイベントとしてイメージアップにもつなげられる、いいイベントなのだ。リピーター企業もあるという。

 マーケットエンタープライズ社長の小林泰士は、「フリーマーケットも近年は飽和状態。出店料が高いという声も聞かれるようになってきた。そのなかで急成長しているのがこの法人から企画・運営を受託する事業だ」と自信を深めている。

100万円握り締め大学時代の仲間3人と事業をスタート

 小林泰士が起業を思い立ったのは東洋大学の学生だった頃。お笑いイベントやパーティのプロデュースをしており、自ら起業しようと思い始めていた。2003年に大学を卒業していったんはベンチャー企業に就職するも、やはり起業への思いは抑え切れず、1年半で会社を退職。当時の貯金100万円を握り締めて起業した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧