ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

「白紙撤回」もありうる大混乱
郵政・日通の宅配便統合延期

週刊ダイヤモンド編集部
2009年10月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「ゆうパック」と「ペリカン便」の統合に暗雲が漂っている。9月11日、日本郵政グループの日本郵便は、10月1日に予定していた日本通運との宅配便事業統合の延期を直前になって発表した。従業員訓練や大口顧客の新サービスへの移行準備などが不十分で、総務大臣の認可を得るメドがつかなくなったためだ。今年四月の予定を延期したが、再延期となった。

 今回の延期で億円単位の損失が出ると見られる日通首脳陣は激怒していると伝えられ、現場では「白紙撤回やむなし」との声すらある。

 日本郵便と日通は経営統合のための受け皿会社「JPエクスプレス(JPEX)」を昨年設立している。すでに日本郵便からは管理職700人を含む7700人が出向しており、10月にはさらに3000人が出向予定だった。これをすべて取り消すのだから、日本郵便の人員体制は大混乱だ。

 さらに深刻なのは物流体制である。経営統合を前提にして、日本郵便は配送トラックや物流拠点などを貨物法制に基づいてJPEX名義に移管している。これを早急に日本郵便名義に戻さねばならないのだが、「どんなに早くても1ヵ月はかかるだろう」(日本郵便関係者)という。

 かたや日通も、JPEXへの業務移管を見越して、山間部や離島などの集配拠点370ヵ所を9月末に閉鎖する予定だが、これらの拠点に関しては日本郵便に委託せざるをえない。

 今回の統合延期で、歳暮、年賀状という年末繁忙を控えた日本郵便が大混乱に陥るのはほぼ確実である。当然、日通にもそのしわ寄せは及ぶだろう。

 民主党政権の郵政改革見直しも必至の情勢下にあって、ヤマト運輸、佐川急便に大きく水をあけられた「弱者連合」は、いまや連合結成自体が危ぶまれている。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 小出康成)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧