ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

トヨタの量産型電気自動車は東京モーターショー展示車とは「別物」だ!

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第14回】 2009年10月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 トヨタ自動車の豊田章男社長が、ユーモアを交えてこう言った。

 「今日は、実物よりずい分と男前になった私の分身が、生中継で日本中のネット世代の方々と対話させていただいております」。

東京モーターショーに展示されたトヨタの電気自動車コンセプトカー「FT(フューチャー・トヨタ)-EVⅡ」。映画「スターウォーズ」に登場する移動体内部のようなファンタジックな近未来感がある。

 第41回東京モーターショーの報道陣向け記者発表の模様は、トヨタのウエブサイトGAZOO.com内に設置された仮想空間「トヨタメタポリス」のバーチャル会場と結ばれていた。この、ユーザーと報道陣を「情報配信レベルで同列化」した広報宣伝手法を、トヨタは今年5月18日の新型プリウス発表会でも披露している。

 実像と仮想像が入り混じった会見中、豊田社長は電気自動車について、こう持論を展開した。

電気自動車の「FT-EVⅡ」、燃料電池車の「FCHV-adv」と並んで紹介された「プリウス プラグインハイブリッド コンセプト」。

 「ところで、ハイブリッドカーと電気自動車が、まったくの別物であるかのようにおっしゃられる方がいます。しかし、プリウスに代表されるトヨタのハイブリッドカーは、ガソリンエンジンを使わず、電気だけでも走行できる、いわゆる『EV走行』が可能なクルマで、すでに『半分は電気自動車』なのです。(中略)トヨタはハイブリッド一辺倒という訳ではございません。(中略)トヨタは、お客様や社会から『100年後もこの世界にいてほしい』、『必要だ』といっていただけるように、準備を進めています。そういう意味で、次にご紹介するのが『プリウス プラグインハイブリッド コンセプト』、都市部などの近距離の移動に適した小型の電気自動車『FT-EVⅡ』、走行中は水しか出さない燃料電池車『FCHV-adv』の3台です」。

報道陣に大人気!「FT-86コンセプト」。

 だが、今回の豊田社長のプレゼンの中では、上記の3台よりも、講談社・週刊ヤングマガジン連載漫画『頭文字D』(しげの秀一著)でお馴染みの旧カローラレビン(車両名称による通称ハチロク)の現代版といえる「FT-86コンセプト」と、ドイツ・ニュルブルクリンク24時間レースに参戦したスーパースポーツ「レクサスLFA」に対するコメントの方に熱が入っていたように見えた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧