ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

オバマも愛用!
グーグルが恐れるフェースブックの正体

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第2回】 2008年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 フェースブックが、グーグルの最強のライバルとして浮上してきた。

 周知のとおり、フェースブックはSNS(ソーシャルネットワーキング・サービス)の代表的サイトで、最近は倍々ゲームでユーザーを増やしている。今年5月のユニークビジター数は世界合計で1億2390万人(コムスコア調べ)。4月には競合するマイスペースを追い抜き、SNS首位の座に躍り出た。

 同社のユニークビジター数が、昨年5月の時点で5000万人前後だったことを考えると、増加ペースには目を見張るものがある。フェースブック発表による最新のアクティブユーザー数は8000万人にも上る(6月23日現在)。

 SNSがなぜ、検索市場で不動の地位を築いたグーグルと競合するのか。

 その理由はふたつある。ひとつは、サイトへのトラフィックが多くなればなるほど、ユーザーに向けた広告による収入を奪い合うようになること。もうひとつは、フェースブックのようなSNSが力を増しているということは、インターネットへの入り口がもはや検索ではなくなり、「友達とシェアする情報」へ移行しているのではないかと思われるからである。

オバマも選挙資金集めに活用
広告システムはグーグルの先を行く?

 フェースブックを実際に使ってみるとわかるが、「インターネットにおける自分の顔」としてのプロフィールづくり、友達関係のメンテナンスのためのツール、そして友達と共有する写真、その他のアプリケーションの充実ぶりや細やかさには驚くものがある。

 登録には、生年月日、出身大学、勤務先などを入力する(いずれもプライバシーコントロールで公開する程度はユーザーが決定する)が、それだけで「ひょっとすると次の人々はお知り合いではありませんか?」と何人ものフェースブック・ユーザーの名前と写真が並ぶ。

 直接知らない人もいるが、知人の知人とか、同じ大学の出身者、あるいはご近所の住人であることなどがわかって、「へえ、こんな人とつながっていたんだ」と、まずは嬉しくなる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧