ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

次のニッポンのリーダーは誰だ!?

全体を俯瞰できる「広い視野」が最も重要!

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長],上田晋也 [タレント]
【第11回】 2008年6月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

上田 福田内閣の支持率低下に加えて、アメリカ大統領選挙や洞爺湖サミットなどのイベントが重なるため、「世界のリーダー」に注目が集まっています。そこで、今回のテーマは「リーダーシップ論」。果たして今、望まれているのはどんなリーダーなのか。

 まずは、東京の渋谷、原宿、銀座、新橋で200人の街頭アンケートを行ないました。「歴史上、最も優れたリーダーは誰?」というアンケートを行なった結果、第3位は「坂本龍馬」となりました。

上田 僕は、手柄を自分だけのものにしようとしなかったところがリーダーとして優れていたと思います。「亀山社中」という、日本で初めての株式会社を作ったことでも知られていますよね。さて、第2位は「徳川家康」ですか。

竹中 一般には、家康よりも秀吉のほうが人気がありますけどね。やはり、国民は安定を求めているのかもしれません。家康は強烈なリーダーシップはないですが、支配者としては右に出る人がいませんでした。

常識に捉われないリーダーを!
共鳴するのは「浜口雄幸元総理」

上田 そして、第1位はやはり「織田信長」。たしかに強烈なキャラクターです。ちなみに小泉純一郎元総理は、よく「信長型」と言われていましたね。

竹中 信長や龍馬に共通するのは、「常識にとらわれない」イメージ。「天才は常識のレールに乗らないもの」という言葉がありますが、常識を超えないと本当のリーダーにはなれないのでしょう。でも、こんな人が友達や家族にいたら大変だと思いますけど(笑)。

上田 竹中さん自身が「魅力的なリーダー」だと思う人物は誰ですか?

竹中 経済人なら、ズバリ、戦前の総理で1930年に「金解禁」(金輸出解禁)を行なった浜口雄幸さんです。もう1人は、私が仕えた小泉純一郎元総理。たしか、以前小泉さんも「尊敬する人物」に浜口さんの名前を挙げていたと思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長]

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行に入行。ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大阪大学助教授、慶應義塾大学教授などを経て、01年より小泉内閣で金融担当大臣、経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。04年から06年まで参議院議員。

上田晋也 [タレント]

1970年生まれ。お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」メンバー。早稲田大学教育学部中退。91年に有田哲平とコンビ結成。レギュラー出演番組多数。


竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

経済学者・竹中平蔵と、くりぃむしちゅーの上田晋也が、毎週楽しくわかりやすく日本の経済を解説。同名テレビ番組(BS朝日、朝日ニュースター)の一部を再構成してお届けします。

「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」

⇒バックナンバー一覧