ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第21回】 2014年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

就活も、伝え方が9割 編
【第1回】面接官のことを想像する

1
nextpage

面接に行って、「全然、うまく伝えられなかった」と思うことがあるでしょう。さらに「言いたいことは、全部言ってきた」と思ったのに、面接が通らないこともあるでしょう。なぜ、そんなことが起こるのでしょうか?

なぜ、面接が通らないのか?

佐々木 圭一(ささき けいいち)
コピーライター/作詞家/大学非常勤講師 上智大学大学院を卒業後、株式会社博報堂を経て2014年独立。同年クリエイティブブティック「ウゴカス」を設立。後に書籍『スティーブ・ジョブズ』に出て来る伝説のクリエーター、リークロウのもと米国で2年間インターナショナルな仕事に従事。日本人初、米国の広告賞「One Show Design」でゴールドを獲得(Mr.Children)。アジア初、6ヵ国歌姫プロジェクト(アジエンス)。アジアで最も成功したと評価されAIMアワードグランプリを獲得。カンヌ国際クリエイティブアワードにて、シルバー他計3つ獲得、Ad Festでゴールド2つ獲得(どうぶつ救護本部)など、国内外で51のアワードを獲得。広告以外には、郷ひろみ・Chemistry作詞家として、オリコン1位を2度獲得。日本動物愛護協会最年少理事。雑誌「動物たち」のカバーデザイン。Warner Music Japanのレーベルロゴデザイン。上智大学非常勤講師として、学生講座、社会人講座ともに人気。携わるモノに感動をつくりだすことを、ライフワークとしている。www.facebook.com/k1countryfree Twitter: @keiichisasaki 『伝え方が9割』 【年間ベストセラー単行本第2位】(2013年ビジネス部門/トーハン・日販調べ) 【2013年ビジネス書ランキング1位】(紀伊國屋書店新宿本店調べ) 【2013年6ヵ月連続ビジネス書1位】5月から10月まで、ビジネス書ランキング1位獲得!(日販調べ)

 その理由は、ひとつ。
相手(面接官)のことを想像しないで話をしているからです。面接というと単に「どう自分を表現するか」と考えがちですが、違います。面接は、青年の主張大会でも、一発芸大会じゃないのです。「相手が求めていることを想像した上で、どう自分を表現するか」を考えるのです。

 あなたは料理人だと思ってください。マグロ一匹(=面接のネタ)を仕入れたとします。それをお客様(=面接官)にどう出すか?自分が料理してみたいからといって、目玉や尾ひれを料理してもお客様は喜ばないでしょう。お客様が何を食べたいかを考えるのです。多くの人はトロの部分が好きでしょう。お客様が好きな部分を切り出して、適切な量を出す。一流の料理人は、相手の年齢や嗜好、注文している酒を見て料理のしかたを変えます。辛口の酒を飲んでいる人には、同じトロでも脂がのった部分を出すでしょう。ご年配の方には、脂がのりすぎず柔らかな部分を出すでしょう。仕事とはそういうものです。これは面接だけでなく、みなさんが就職しようとしている、あらゆる仕事に通じるものです。

 では、面接でトロの部分というのは何でしょう?
もちろん、職種によって違いますが、共通するのは「明るく、行動力があって、努力家で、好奇心が旺盛な人」です。それらをどう表現するか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

    新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

    佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
    Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
    twitter:@keiichisasaki


    伝え方が9割

    伝え方にはシンプルな技術があります。
    本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
    この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

    「伝え方が9割」

    ⇒バックナンバー一覧