ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

面接官の実名を載せるゾッとするような投稿も!
Facebook上で起きているトンデモ就活の実態

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第6回】 2014年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 キャリアコンサルタントの櫻井です。

 今や世界最大のソーシャルネットワーキングサービスである「Facebook」が、2014年2月に開設10周年目を迎えたそうです。月間アクティブユーザー数は、なんと12.3億人(2013年12月現在)とか。

 Facebook以外でも様々なソーシャルネットワークが親しまれている時代。今回は就職活動におけるSNS活用の問題点について書きたいと思います。

約半数の学生が
Facebookを使って就活中

 冒頭でもお伝えした通り、今やFacebookの利用者数は膨大な数となっています。

 実に学生の半数近くが利用しているとも言われているソーシャルメディアを使った就活、すなわち「ソー活」ですが、実際に企業サイドでもFacebookに採用情報を掲載したり、人事担当者がツイッターでつぶやいたりという機会も増えています。

 また、Facebook限定の就活イベントの開催や、一定の条件を満たしている場合(友達数200名以上など)は1次選考免除といった試みをしている企業まであるようです。

 例えば、ジェイアール東日本企画新卒採用ページ(Facebookページ)もその1つで、WEB会社説明会の実施やエントリーシートの締切案内まで様々な情報を採用ページ上で発信しています。

 実際に学生が主体となって行っていると考えがちな「ソー活」ですが、実は企業側としても自社を宣伝する貴重な機会でもあり、エントリー者を増やすという意味では非常に有効とも考えられます。

 Facebook利用者の話に戻りますが、私の周囲でもFacebookに登録している方はもちろん、実際に仕事に活用している方も多く見受けられます。私自身も過去に就職支援をさせていただいてきた方の中で繋がっている方も大勢います。

 しかし、「ニュースフィード」と呼ばれる、俗に友達登録をしている方の投稿を拝見していると、稀にこちらがゾッとするような記事がアップされている事があります。

 そんなケースと、ゾッとする危険性をいくつかピックアップしていきたいと思います。

 これらは全て、就職活動中の学生や転職活動者の方の投稿です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧