ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスで差がつく計算力の鍛え方 「アイツは数字に強い」と言われる34のテクニック 
【第5回】 2013年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
小杉拓也 [進学塾 志進ゼミナール代表]

「ポイント還元」と「値引き」どちらがトク?
暗算ですばやく計算しよう!

1
nextpage

目からウロコの暗算テクニックが満載と話題沸騰の書籍『ビジネスで差がつく計算力の鍛え方――「アイツは数字に強い」と言われる34のテクニック』。著者・小杉拓也さんが数字に対する感度を高める方法を教えます。

数字のウラを読む!

 「ビジネスで差がつく計算力の鍛え方」をテーマに続けてきた連載、第5回目の今日は、ビジネスとは少しはなれて、私たちの日常生活に目を向けてみたいと思います。

 家電量販店がよく導入している「ポイント還元」。最近はインターネットの通販サイトなどでも幅広く導入されるようになっていますが、「値引き」と比べてどちらがおトクなのでしょう?

 会社の先輩と後輩が次のような話をしました。

 後輩「タブレット端末を買おうと思ってるんです」
 先輩「それならちょうど1万円で売っていたよ。A電器店か、B電器店で買うのがおすすめだよ」
 後輩「そうなんですね。どちらも近いし、少し寄り道していきませんか?」
 先輩「うん、行ってみよう」

(2人がA電器店とB電器店の近くに到着)
 後輩「A電器店が18%引きのセールをしていて、B電器店が20%ポイント還元ですね」
 先輩「どちらがトクなんだろう?」
 後輩「それはB電器店でしょう。18%と20%だから、20%のほうがトクに決まってますよ。じゃあ買ってきますね!」

(後輩、買い終わって戻ってくる)
 後輩「いやー、満足です。タブレット端末を1万円で買って、20%ポイント還元で2000円分のポイントまでもらったから、2000円のPCソフトを無料でゲットできましたよ!」
 先輩「結局、1万2000円分の商品を1万円で購入したのと同じことか……ちょっと待てよ。A電器店のほうがトクだったのかもしれないよ
 後輩「そんなことないですよ!でも……それってどういうことですか?」
 先輩「それはだね……」

 この例では、A電器店が18%引きのセール、B電器店が20%ポイント還元セールをしていて、後輩はB電器店で購入することを決めました。

 確かに数字だけ見れば18%と20%ですから、B電器店のほうがおトクのような気がします。でも本当にそうでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小杉拓也(こすぎ・たくや)[進学塾 志進ゼミナール代表]

東京大学経済学部卒。IT関連会社を経て、中学受験塾SAPIXグループの個別指導塾の講師へ。その後、プロ家庭教師として独立。常にキャンセル待ちの出 る人気教師となる。2012年2月個別指導塾「志進ゼミナール」を埼玉で開業。塾長として生徒の指導、教室の運営にあたる。指導教科は小学校と中学校の全 科目。特に中学受験対策を得意とし、毎年難関中学に合格者を輩出している。暗算法の開発や研究にも力を入れている。著書は、『この1冊で一気におさらい! 小中学校9年分の算数・数学がわかる本』(ダイヤモンド社)、『2ケタ×2ケタが楽しく解けるニコニコ暗算法』(自由国民社)、『中学受験算数・東大卒プ ロ家庭教師がやさしく教える「割合」キソのキソ』、『この裏ワザでなぜ中学受験に受かるのか』、『中学受験算数・計算の工夫と暗算術を究める』(以上、 エール出版社)。

進学塾 志進ゼミナール(埼玉県志木市):http://kosgi.net/


ビジネスで差がつく計算力の鍛え方 「アイツは数字に強い」と言われる34のテクニック 

電卓を使わずに瞬時に計算ができたら…。それはあなたの「武器」になります。たとえば、営業相手から「89店舗に6台ずつ、君のとこの端末を設置しようと思う」と言われたとき、即座に、「534台ですね! ご注文ありがとうございます!!」と言えたらどうでしょう。相手はあなたを「数字に強い人」「頭の回転の速い人」、ひいては「優秀な人」と思うはずです。この連載では、ビジネスで役立つ「瞬時に計算する技術」を紹介します。

「ビジネスで差がつく計算力の鍛え方 「アイツは数字に強い」と言われる34のテクニック 」

⇒バックナンバー一覧