ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

住みつぶす発想はもう古い! 家を“宝”に変えよう
住宅リフォーム・中古マンション購入の知恵

週刊ダイヤモンド編集部
【14/1/25号】 2014年1月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 田村仁さん(仮名・55歳)は、長年勤めた会社を早期退職し、妻と2人で田舎暮らしを始める決意をした。評判のいい大工に建ててもらった都内にある築25年の自宅は頑丈で、「内装をリフォームすれば中古住宅としていい値段がつくはず」と不動産業者を呼んだ。

 ところが建物検査の結果、とんでもない事態が発覚した。屋根裏にシロアリがすみ着き、構造上重要な柱がすべて劣化していたのだ。急遽、屋根や柱の補修をしたところ、650万円もかかり、田舎暮らしは棚上げになってしまった。

 田村さんの例は決して特殊なケースではない。自宅のメンテナンスを怠ったために、築20年以上たって想定外の修繕費用に悩まされる人は多い。

 中古の戸建てやマンションの価値を維持していくには、定期的な住宅診断やリフォームが不可欠だ。

 もっとも、どこまでリフォームすればいいかは難しい。

 築30年のマンションを売りに出したある高齢者は、不動産業者から、「これじゃあ、とてもじゃないが売れませんよ」と高度成長期の古い間取りを指摘され、100万円近くをかけリフォームした。

 しかし、半年たっても売れる気配がなく、中古物件を買い取りリフォームして売却する、いわゆるリノベーション業者に物件の買い取りを依頼したところ、「ここから再度、リフォームすれば高くなり過ぎる」と断られた。安易にリフォームに踏み切ってしまったことを後悔している。

1981年以前の戸建ては
耐震性能に懸念

 持ち家の資産価値を失わない適切な維持・管理を行うためには、何に注意すればいいのだろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧