ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【スガ シカオ(Kokua)「Progress」】
言葉と旋律のこれ以上は望めない幸福な結婚

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第77回】 2014年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 人は見た目が全てだ、などと敢えて断言する人も少なくない今日この頃です。外から見えない内面はさて置き、外見をしっかり磨くことが出世の早道だと考える人がいるのも無理はないかもしれません。世知辛い現実ということでしょうか。

 でも、外見からは判断できない本当の内面というものがあるはずです。そして、内面こそ本質的には大切なはずなんですが……。

 と、いうわけで、今週の音盤は、スガシカオ作詞作曲、Kokua名義で発表された「Progress」です(写真)。この曲は、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」のテーマとして頻繁に流れているので、どこかで聴いたことのある人は多いでしょう。 

テレビ番組のテーマ曲の宿命を打ち破る

 この「Progress」に限らず、世の中にはテレビ番組のテーマソングは無数にあります。テレビ番組の数だけあるわけです。ニュースや天気予報、ドキュメンタリー、ドラマ、CM等々。その中で、記憶に残る曲は多くはありません。

 番組は憶えているけど、テーマ曲は分からないという場合があります。逆に、曲は好きだけど番組は忘れてしまったという場合もあります。番組が優位な立場にあって曲が従属するのか、その逆なのか、あるいは、曲と番組は全く無関係で便宜的に組み合わせたという場合もあるでしょう。

 とにかく、多くの場合は、番組も曲も貪欲な視聴者に消費され「あっ」という間に忘れているようです。

 「Progress」はどうでしょうか?

 現在も、「プロフェッショナル 仕事の流儀」は放映されています。悪くない視聴率をあげていて、初回放映から既に7年以上が経過しています。常に新しいものが求められて番組再編が常態化している現代では、長寿番組と言えます。だから、多くの人にとっては、曲と番組がワンセットで記憶されています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧