ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森信茂樹の目覚めよ!納税者

ダボス会議で総理が法人税率引き下げを宣言
改革阻む「鉄のトライアングル」を突破せよ

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
【第66回】 2014年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

安倍総理は、ダボス会議で法人税改革の実行を公約したが、実現に向けての道筋は簡単ではない。なぜなら、経済界・自民党税制調査会の本音は、全体の税率引き下げより自社の実効税率の引き下げにあり、財務省もネットの減税は避けたいので、三者の利害が一致しているからだ。これを突き破る論理と実行力が必要とされる。

改革阻む鉄のトライアングル

 安倍総理は、本年1月のダボス会議で講演し、「本年、さらなる法人税改革に着手する」との国際公約を行った。時を同じくして、経済財政諮問会議でも「現在35%程度の税率を25%程度まで引き下げることを目指し、速やかに検討すべきだ」との提言が行われ、新聞報道によると、自民党税制調査会でも法人税改革議論がスタートするという。

 総理が強い意欲のもとで国際公約し、経済財政諮問会議も後押ししているにもかかわらず「法人税改革」の実現のめどは立っていない。それはなぜだろうか。

 私はこれまでの連載(例えば64回)の中で、わが国の法人税改革ができない理由は、税率引き下げより効果のある租税特別措置(以下、租特)を好む経済界(大企業)と、租特に○×をつけることがレゾンデートルの自民党税調と、ネット減税につながる法人税率引き下げに消極的な財務省の利害が一致しており、いわばトライアングルができていることがその原因であると述べてきた。

自民党税調に出された財務省の2枚の資料

 その理由を説明する2枚の図表がある。

 1枚目は、「法人税負担」大法人のケース、と題する図表である。これは、財務省が昨年11月6日の自民党税調勉強会に提出した資料の中の一枚である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]

(もりのぶ しげき)法学博士。東京財団上席研究員、政府税制調査会専門家委員会特別委員。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省、主税局総務課長、東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、財務省財務総合研究所長を最後に退官。その間大阪大学教授、東京大学客員教授。主な著書に、『日本の税制 何が問題か』(岩波書店)『どうなる?どうする!共通番号』(共著、日本経済新聞出版社)『給付つき税額控除』(共著、中央経済社)『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)『日本が生まれ変わる税制改革』(中公新書)など。
 

 


森信茂樹の目覚めよ!納税者

税と社会保障の一体改革は、政治の大テーマとなりつつある。そもそも税・社会保障の形は、国のかたちそのものである。財務省出身で税理論、実務ともに知り抜いた筆者が、独自の視点で、財政、税制、それに関わる政治の動きを、批判的・建設的に評論し、政策提言を行う。

「森信茂樹の目覚めよ!納税者」

⇒バックナンバー一覧