ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トップ営業マンの売れる営業テクニック

相手が忙しい時こそ、チャンスは生まれる

鈴木丈織 [心理学博士、営業コンサルタント]
【第2回】 2007年10月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

会ってみたいと思わせる
「専門家トーク」術

 電話セールスのノウハウで私が勧めているのが、2人1組でトークをすることです。1人が電話をかける係、そしてもう1人を“専門家”にしてしまうわけです。

 お客さまが家庭の主婦であれ、あるいは会社のビジネスマンであれ、専門家には弱いものです。自分に興味のある話なら、もっと詳しい人から聞いてみたいと思うはず。その心理を利用するのです。

 まず電話をして、お客さまが少しでも関心を持ったら、「ちょっとお待ちください。今日、たまたま専門家の方がいますので」と電話を代わります。その上で、もう1人が登場して専門的な話をする。この連係プレーによって、自分や商品に対する信頼を得ていくわけです。

 ここでいう“専門家”とは、本当に研究者だったり、大学の先生だったりする必要はありません。できれば上司や先輩、あるいは同僚でも十分です。その商品を売っているプロという意味では、営業マンも専門家のはずです。

 実はこの手法は、すでに訪問営業で使われています。たとえば指導も兼ねて、上司や先輩が若い営業マンに同行することはよくあります。基本的なトークは若い営業マンに任せつつ、補足的な説明やフォローを上司や先輩が行うというパターンです。あるいは銀行でも、ここぞという交渉相手に対しては支店長が出向いて挨拶するものです。

 このとき、お客さまは上司や先輩の名刺を見て、その人を“権威”と感じます。少なくとも、若い営業マンより知識や経験が豊富な分、信頼できそうだと思います。それを、電話セールスに応用するわけです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
鈴木丈織氏の人気著書が発売中!

ちょっとした工夫で、お客さまの態度は激変する。心理学に基づいた営業手法で、嫌われ者のセールスマンが好かれるようになる!「1時間話すより、10秒間何度も会う」「男性には2割高めの商品を」など役立つ事例満載!「トップ営業マンなら知っている 買わせる心理学」1429円(税別)

話題の記事

鈴木丈織 [心理学博士、営業コンサルタント]

東京大学法学部卒業後、心理学を学ぶため米国へ留学。UCユニオン大学で心理学博士号、セントトーマス大学で医学博士号を取得。帰国後、心理学の手法を生かしてセールスの世界に入り、トップ営業マンとなる。営業の実績を買われて、29歳のときに独立。心理学を取り混ぜたセールス・コンサルティングには定評がある。


トップ営業マンの売れる営業テクニック

ちょっとした工夫で、お客さまの態度は激変する。トップ営業マンは心理学に基づいた営業手法を知りつくし活かしている。「売る」ためのノウハウ満載。

「トップ営業マンの売れる営業テクニック」

⇒バックナンバー一覧