ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

2020年までに日本人留学生の倍増を目指す!
官民連携プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」は
いままでの留学支援とどこが違うのか
――文部科学省 海外留学創出プロジェクト
プロジェクトディレクター 船橋力氏

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第17回】 2014年2月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

産業界を中心にグローバル人材の重要性が注目される一方で、日本人の海外留学者数は2004年以来減少の一途を辿っている。これは同じアジアで地理的・文化的条件が近く、グローバル競争の時代にあって主要なライバルと目される中国や韓国が、海外留学者数を増加させているのとは対照をなす。

こうしたなか、民間の資金を投入し、官民連携でグローバル人材を育成する日本初のプロジェクトとして発足したのが「トビタテ!留学JAPAN」だ。目指すのは、大学や学生も交えてALL JAPANでのグローバル人材育成コミュニティを形成し、新しい留学の仕組みと文化をつくり、2020年までに日本人留学生の数を倍増させること。

学生にとっては就職に有利になる体験・実践型の留学プログラムであり、企業にとってはグローバル展開に欠かせない優秀なグローバル人材を育成する画期的なプロジェクトといえる。この官民協働事業を率いる民間出身の船橋力氏に、プロジェクトの目的や概要、意気込みをうかがった。

海外に出て、当たり前に思っていた
日本のユニークさに気がつくようになった

ふなばし・ちから
文部科学省 官民協働海外留学創出プロジェクト プロジェクトディレクター。1994年、上智大学卒業後、伊藤忠商事株式会社入社し、ODAプロジェクトを手がける。2000年、株式会社ウィル・シード設立、代表取締役社長に就任し、企業と学校向けの体験型・参加型の教育プログラムを提供。2012年、同社取締役会長、学校法人河合塾顧問に就任。2009年、世界経済フォーラムのYoung Global Leaderに選出される。2011年、一般財団法人教育支援グローバル基金Beyond Tomorrow代表理事に、2012年NPO法人TABLE FOR TWO International理事に就任。

 安倍総理からも応援メッセージをいただいている文部科学省の特命事業だとお伺いしていますが、まずは、船橋さん自身の海外やグローバルとの関わりについて教えてください。

船橋 最初に告白すると、今は日本が大好きなのですが、小さい頃は正直、あまり日本のことを好きではありませんでした。というのも、幼少期と高校生時代を南米で過ごし、大学卒業後の伊藤忠時代も1年ほどインドネシアに常駐する中で、海外はオープンで多様性を受け入れる文化があるのに対して、日本は閉鎖的な印象を受けたからです。むしろ、日本の良さに気づいたのはここ数年です。

 日本を好きになったきっかけは何でしたか?

船橋 ダボス会議のヤング・グローバル・リーダーになったことがきっかけです。高校生時代、ブラジルで40ヵ国の人が集まるインターナショナルスクールに通っていたので、自分は国際人だと思っていました。でもダボス会議に参加して、世界はもっと広いことを知りました。ダボス会議には100ヵ国くらいの各国のリーダーが参加していて、より具体的にいろいろな国の人たちと話をするようになると、日本のユニークさに気がつくようになったんです。

 日本人は真面目で勤勉で、優れた技術を持っている。食べ物も美味しいし、安全だし、震災復興の取り組み方も素晴らしいなど、当たり前に思っていたことが実はユニーク、つまり希少で特殊だということを自覚しました。ちょっと大げさかもしれませんが、世界平和を考えたときに、こういう日本人の思想が広がっていくことが大きな貢献になるんじゃないかとさえ思っています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧