ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

役員も評価を受け報酬に反映する
カゴメの人事制度改革が成功した理由

――カゴメ株式会社 経営企画本部人事部長 執行役員 有沢正人氏【前編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第25回・前編】 2015年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

明治32年に創業し、「自然を、おいしく、楽しく。KAGOME」を約束に、世の中に健康価値を提供しているカゴメ株式会社。「感謝」「自然」「開かれた企業」という三つの言葉を経営のこころとして、積極的なグローバル展開と外部雇用を行っている。他業界から入社した経営企画本部人事部長 執行役員の有沢氏に、役員報酬制度や評価制度の一新など、人事は経営そのものであるという信念のもと行った改革についてお話を伺った。

人事は事務屋じゃない
経営そのものである

ありさわ・まさと
カゴメ株式会社 執行役員経営企画本部人事部長。1984年に都市銀行に入行。銀行派遣により米国でMBAを取得後、主に人事、経営企画に携わる。2004年に日系精密機器メーカーに入社。人事担当ディレクターとして全世界のグループ人事を統括。全世界共通の職務等級制度や評価制度の導入を行う。また委員会設置会社として指名委員会、報酬委員会の事務局長も兼任グローバルサクセッションプランの導入等を通じて事業部の枠を超えたグローバルな人事制度を構築する。2009年に外資系保険会社に人事担当執行役員として入社。ニューヨークの本社とともに日本独自のジョブグレーディング制度や評価体系を構築する。2012年1月にカゴメ株式会社に特別顧問として入社。カゴメ株式会社の人事面でのグローバル化の統括責任者となり、全世界共通の人事制度の構築を行っている。2012年10月より現職となり国内だけでなく全世界のカゴメの人事最高責任者となる。

南 これまでさまざまな企業で山あり谷ありの出来事を乗り越えてきた有沢さんですが、仕事をする上で大切にしていることはありますか?

有沢 絶対に譲れないのは、「人事は経営そのものだ」という考え方です。人事戦略=(イコール)経営戦略とはよく聞きますが、実際はそう思われないことが多いですよね。私は先輩に「人事異動や昇進昇格には、その人のキャリアパスをちゃんと考えて、将来的にこんな活躍をしてもらいたいという思想があるべき。人事の仕事は『作業』ではなく『アート』だ」と教えられました。

南 人事はオペレーションをする事務職のように思われがちですよね。

有沢 そうなんです。先日も講演で、「皆さんはトップと膝を詰めて話をしていますか。メンバーだったら部長と、部長だったら経営トップと話していますか」と何度も問いかけました。人事は経営そのものであるという意識を持たないと、結果的に従業員が不幸になりますし、さらにその先にいるエンドユーザー、お客様にも失礼です。

 カゴメのように目に見える商品があれば他社と差別化しやすいかもしれませんが、例えば私が以前勤めていた銀行のように、金利も投資の商品も他行と大して変わらないとなると、差別化するのは「人材」しかありません。そして人材による差別化施策を実施するには、トップとの交渉が鍵です。だから私は、トップに直接「人で差別化しないと生き残れません」と繰り返し言い続けました。別の業界にいたときも、当時の社長とずっと議論していましたね。1日の予定を全部キャンセルして議論することもありました。「君しつこいね」って言われても「これだけが取りえですから」と答えて(笑)。

 人事がすべきことは、いかにトップと方向性を共有し、味方につけるかだと思います。そして、やるべき施策をトップから宣言してもらう。新しく始める施策は人事だけが考えたものではなく、会社全体として行う経営戦略そのものだと言ってもらうことが大切です。

南 まさにプロデューサーですね。先ほど人事の仕事はアートだとおっしゃっていたのには、すごく同感しました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧