ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

カゴメ史上初めて外部登用された
人事部長が語る波瀾万丈のキャリア

――カゴメ株式会社 経営企画本部人事部長 執行役員 有沢正人氏【後編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第25回・後編】 2015年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

明治32年に創業し、「自然を、おいしく、楽しく。KAGOME」を約束に、世の中に健康価値を提供しているカゴメ株式会社。「感謝」「自然」「開かれた企業」という三つの言葉を経営のこころとして、積極的なグローバル展開と外部雇用を行っている。他業界から入社した経営企画本部人事部長 執行役員の有沢氏に、これまでの自身のキャリアについてお話を伺った。

行く先々での吸収合併、人員整理
ついたあだ名は「下り坂のスペシャリスト」

ありさわ・まさと
カゴメ株式会社 執行役員経営企画本部人事部長。1984年に都市銀行に入行。銀行派遣により米国でMBAを取得後、主に人事、経営企画に携わる。2004年に日系精密機器メーカーに入社。人事担当ディレクターとして全世界のグループ人事を統括。全世界共通の職務等級制度や評価制度の導入を行う。また委員会設置会社として指名委員会、報酬委員会の事務局長も兼任グローバルサクセッションプランの導入等を通じて事業部の枠を超えたグローバルな人事制度を構築する。2009年に外資系保険会社に人事担当執行役員として入社。ニューヨークの本社とともに日本独自のジョブグレーディング制度や評価体系を構築する。2012年1月にカゴメ株式会社に特別顧問として入社。カゴメ株式会社の人事面でのグローバル化の統括責任者となり、全世界共通の人事制度の構築を行っている。2012年10月より現職となり国内だけでなく全世界のカゴメの人事最高責任者となる。

南 有沢さんのこれまでのキャリアを教えていただけますか?

有沢 1984年に、都市銀行に入行して、融資や渉外に携わりました。30歳を目前にMBAを取得するため、ワシントン大学に留学。帰国するとちょうどバブルが崩壊したタイミングで、多額の不良債権と格闘しながら企業の再生プランを考えました。その後、人の一生にかかわる仕事をしたいという理由から人事を希望して異動したのですが、銀行が合併する際の統合交渉という重要な仕事に携わることになったのです。公的資金注入の際は、人事部の責任者としてリストラの執行に関わるなど、二度と味わいたくない経験も積みましたね。

 明るい話題でいえば、新入社員から役員まで休日に自分の意思で研修を受けられるようにする「選択型研修制度」をつくりました。「ロジカルシンキング」に関する研修はマッキンゼーの方にお願いし、世の中の情勢を知るセミナーはエンタメ雑誌の編集長に語っていただくなど、スキル系の研修はもちろん、リーダーシップやマネジメントに関する研修プログラムをつくったのです。

 当時の銀行員は一般的に渉外能力やコミュニケーション能力を数値化・定量化できないといわれていたので、厚生労働省お墨付きのコンサルタント認定制度も導入。ホワイトカラーで初めて渉外能力を定量化したことで、新聞にも取り上げてもらいました。その過程でさまざまな人脈ができたこともあって、銀行を20年勤めたところで退職しました。

 その後入社したのは日系の精密機器メーカーです。グローバルカンパニーだったので各国を飛び回って、ばらばらだった人事制度の統一を図り、どこの国にいても公平な評価を受けられる仕組みをつくりました。加えて、各国間の異動も活性化させました。例えばオランダの女性マネージャーを中国・上海の別事業部の総支配人にしたり、ドイツの人材をスペインに異動させたり。もちろん日本人が海外に異動するのも当たり前でした。

南 海外の支店で働く方の大半が、外国からの異動者ですか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧