ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

iPhoneのカメラを最大限に活かすアプリ
「Frontback」が流行の兆し

三浦一紀
2014年2月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 iPhoneのカメラアプリは、人気カテゴリ。数多くのカメラアプリが存在する。標準のカメラアプリよりも高機能なものや、撮影するとキャラクターが映り込むもの、漫画風やミニチュア風に加工してくれるものなど、種類も豊富だ。

 そんなiPhone用カメラアプリの中で、最近注目されているものがある。それが「Frontback」だ。

Frontbackでの撮影例。上画面は背面側のレンズで料理を、下画面は液晶側のレンズで自分が食べているところを撮影。このように2枚の写真を合成して1枚となるため、必然的に2枚の写真に関連性が生まれるのが面白い

 通常のカメラアプリは、iPhoneの背面にあるレンズ、または液晶側にあるレンズのいずれかを使うことを前提としている。しかし、このFrontbackは、前後のレンズ両方使うことを前提とした、新感覚のカメラアプリなのだ。

 アプリを起動すると、画面が2分割表示になる。初期状態では上の画面が背面側のレンズ、下の画面が液晶側のレンズとなる。まずは画面上部の背面側レンズで撮影。そして次に画面下の液晶側レンズで撮影。これでワンカットとなる。

 なお撮影時のレンズは、上下画面それぞれを左右にスワイプすることで背面側と液晶側を切り替えることが可能となっている。通常は、上画面 → 背面レンズ、下画面 → 液晶側レンズだが、上画面 → 液晶側レンズ、下画面 → 背面側レンズにしたり、上下画面とも背面レンズまたは液晶側レンズにすることができるのだ。

 つまり、1枚の写真の中に2枚の写真が存在する状態となる。これがおもしろいのだ。撮影した写真はFrontback専用のSNSに投稿が可能。このSNSはとてもシンプルで、フォローしたユーザーの写真がタイムラインに流れてくるが、できることはハートマークをタップして「LIKE」という意思表示をするだけ。コメントなどは書き込めない。もちろん、ツイッターやフェイスブックなどに同時投稿できるようになっているので、ユーザー同士の交流はそちらでどうぞ、ということなのだろう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧