ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ゲイツ、バルマーとは全く異なる
マイクロソフト3代目CEOの人柄とは

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第282回】 2014年2月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 マイクロソフトの新しいCEOが決まった。同社在籍22年のサティア・ナデラ氏である。

 モバイルとクラウドで遅れをとり、かつての輝きを失っているマイクロソフトの次期トップには、外部からのCEOを招いて内部改革に大鉈をふるってもらうのではないかという予想もあったが、それは外れた。それにしても、人選が難航したのは確かのようだ。

 ナデラ氏は、マイクロソフトのインサイダーとして、オンラインサービス、検索エンジンのビング、エンタープライズ用サーバー、クラウドプラットフォームなどの部門に携わってきた。だが、テクノロジー業界も含めて広くその名を知られた人物ではない。

 まず、発表された時に多くの人々が驚いたのは、彼がインド系であるという点。テクノロジー企業にはインド人がたくさんいるし、インド系の起業家も無数にいる。だが、今なお3000億ドル規模の企業であるマイクロソフトのトップとして、外国出身者のインド人が抜擢されたことは、ちょっとした驚きだった。意外にも、マイクロソフトの柔軟さを示す兆候と言える。

 ナデラ氏はインドのハイデラバードで生まれて、大学卒業までをインドで過ごした。コンピュータ科学を学ぶために米ウィスコンシン大学大学院へ留学したのが、アメリカに渡った時だった。その後シカゴ大学のビジネススクールでMBAを取得した。

 最初に勤めたのはサン・マイクロシステムズ。その後マイクロソフトへ移り、経験と昇進を重ねてきた。

エンジニア出身で勉強熱心
「謙虚なチームプレーヤー」

 ナデラ氏は、先の2代のCEOとはまったく異なるタイプのようだ。同氏を表現するのによく使われているのが、「謙虚」という言葉。競争心をむき出しにしてソフトウェア市場を占有したビル・ゲイツや、見るからに熱情的で、ステージの上でもしばしば叫び声を上げていたスティーブ・バルマーとは一転して、穏やかで温和な印象だ。どちらかと言うと、若い世代のエンジニアたちに近いキャラクターだろう。

 また、ナデラ氏はチームプレーヤーとも言われる。マイクロソフトも少し前までは、内部での競争心を煽って業績を上げさせていたようなところがあるとされた。だが、ナデラ氏のようなアプローチは、クラウドやサービス時代で各部門を横断した協力が必要な時には、無駄な衝突を防ぎ、効率的に結果を生むことにもつながると期待されている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧