ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

「グーグル」のロボット企業買収だけでなく、
「インテル」と音声認識の「ニュアンス」も要注目
ヒューマノイドと自動運転で「強いアメリカ」復活!

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第169回】 2013年12月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

グーグルのヒューマノイド戦略は
テレマティクスへも影響大

 一見、自動車とは関係がないように思えるが――。

 2013年12月13日(金)、アメリカで大きなニュースがあった。グーグルはロボット開発メーカー「ボストン・ダイナミクス」社の買収を完了したと明らかにした。同社は国防総省の傘下で次世代型の軍需関連機器の開発を指揮するDARPA(防衛高等研究計画局)と密接な関係がある。四足歩行の動物型や二足歩行のヒューマノイド等、革新的なロボット開発で世界的にその名が知られている。

 これでグーグルは、過去1年ほどの間に8社のロボット関連企業を買収したことになる。そのなかには日本のベンチャー企業「SCHAFT(シャフト)」も含まれる。

DARPA ロボティクスチャレンジ、公開デモンストレーション競技のイメージ図。ゴルフカートの運転、がれきの歩行など8つのフィールドを通り、最後はバルブを締める。福島第一原子力発電所での事故を受け、こうした競技内容になったと見られる 出典:DARPAウェブサイト
拡大画像表示

 ではどうして、このタイミングでグーグルはロボット事業参入を急いでいるのか?

 ひとつの理由は、DARPAが主催するヒューマノイドの賞金競技「DARPA ROBOTICS CHALLENGE」(略称DRC)の公開トライアルが2013年12月20~21日、米フロリダ州の自動車レース施設「ホームステッド・マイアミスピードウェイ」で開催されるからだ。日本の「SCHAFT」もDRCに参加する世界17チームのうちのひとつ。そして「ボストン・ダイナミクス」が開発した「アトラス」は優勝候補の筆頭だ。

DARPA ロボティクスチャレンジに日本から参加するベンチャー企業「SCHAFT」のロボット。同社はグーグルに買収された 出典:DARPAウェブサイト

 DARPAの賞金競技といえば、2004年、2005年の「グランドチャレンジ」、2007年の「アーバンチャレンジ」として開催された無人自動車レースが有名だ。その際、トップチームだったスタンフォード大学、MIT(マサチューセッツ工科大学)、カーネギーメロン大学等の研究者や大学院生はその後、グーグルや独コンチネンタルに転じて、自動運転の量産化プロジェクトで活躍している。

 つまり、国防総省という米政府、グーグルというアメリカ経済を牽引する企業、アメリカの将来を担う若者たちを世界各国から受け入れている米教育機関、さらにシリコンバレーを中心としたベンチャーキャピタルが絡み、自動運転やヒューマノイドという「世界市場に向けて話題性の大きい次世代技術」をアピールしているのだ。

 自動運転とヒューマノイドは、自律移動という共通項を持つ。そのなかには高性能な制御技術、画像や音声による外部環境の把握、モバイル等の受信機とクラウドと高精度な連携が含まれる。

 つまりそれは、「次世代型テレマティクス」である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧