ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

バルマーCEOが突然の辞意
マイクロソフトに“成長の壁”

週刊ダイヤモンド編集部
2013年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「デバイス&サービスカンパニーという新たな方向性のために、長期的に務められるCEOが必要だ」。米マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEO(最高経営責任者)が8月23日、1年以内にCEOの職から退任することを明らかにした。

 モバイル、クラウド、ソーシャルといったキーワードに象徴される昨今のコンピューティング革命に、マイクロソフトは後れを取っているというのが市場の共通した見方だ。そしてここ数年、バルマー氏のリーダーシップに対して、株主からの圧力は高まっていた。実際、退任の発表を受けて株価は7%近く上昇した。

 もっともバルマー氏が率いるマイクロソフトは、必ずしも自己変革を怠っていたわけではない。

 例えば、米グーグルの向こうを張る「ビング」という検索エンジンも持っているし、クラウド型に移行した業務ソフト「オフィス365」には、買収した企業向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの「ヤマー」を統合してフェイスブックのような情報共有機能をつけた。また、クラウド上に文書や画像などを保存できるエバーノートと同様の「ワンノート」というサービスも行っている。インターネット電話の「スカイプ」も同社の傘下にある。

 デバイス分野でも、自社開発のタブレット端末「サーフェス」や独自のスマートフォン「ウィンドウズフォン」も展開しているし、家庭用ゲーム機「Xbox」事業も持ち、体の動きや音声などで操作できる「キネクト」という独自の入力技術を搭載している。

 しかし、時代の変化には敏感に反応していたものの、どれも“ほかの誰かもやっていること”にすぎず、市場の主導権を握る存在とはなっていなかったわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧