ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
超・ビジネスマナー診断テスト
【第3回】 2007年10月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田輝久 [エンパワー・ネットワーク株式会社 プリンシパル]

会議編:Q.部下と上司の意見が対立したら?

1
nextpage

このテストは、あなたがいかに「実践で役立つビジネスマナー」を身に付けているかを診断するものです。

毎回「初級問題:2問」「中級/上級問題:2問」の計4問を出題します。問題はすべてa、b、cの3択式なので、最初に行うときはあまり深く考えず、瞬時に正しいと思うもの、あなたが実際に行動するだろう答えを選んでください。問題の次のページには「解答と解説」が載っていますので、答え合わせをしながら、解説を読んでください。

まずは「初級問題」にチャレンジです。

初級問題

【Question 1】

 あなたは課長として10名の部下を任されています。今日突然、取引先で大きなトラブルが起きました。現場に駆けつけたい状況ですが、自社の社長が主催するとても重要な会議に出席することになっています。あなたはどう対応しますか?

(a) 社長の会議をキャンセルして客先に駆けつける

(b) トラブルは部下に任せて、社長の会議に出席する

(c) 社長の会議を中座して、客先のトラブル対応に駆けつける

 

【Question 2】

 とても重要なビジネステーマをグループで検討することになりました。参加者は皆とても忙しいのでできるだけ短い時間で効率的に会議をすることも考慮しなければなりません。あなたが会議のコーディネーターです。どのようにしますか?

 
(a) 会議開始前に終了時間を予告し、その時間になったら状況にかかわらず打ち切る

(b) 会議開始前に終了時間を予告するが、必要があれば終了時間を延期する

(c) 重要な会議なので、開始前に終了時間が延びる可能性があることを話しておく

 

 「初級編:解答&解説」は次のページへ。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


池田輝久 [エンパワー・ネットワーク株式会社 プリンシパル]

人材活性の鍵となる「ビジネススキル」を提唱し、その第一人者として活躍。これまでに手がけた研修の受講生は7000名以上に上る。IT関連企業を中心に多数の研修・講演・コンサルティングの実績を持つ。新聞・雑誌・ウェブへの執筆のかたわら、メールマガジン『ビジネススキルTODAY』を配信、人気を博している。エンパワー・ネットワークのウェブサイト


超・ビジネスマナー診断テスト

あなたの本当の実力を診断! マニュアル通りのビジネスマナーは役に立たない。反常識思考で、ビジネスの場に即した実践なスキルを鍛えよう。

「超・ビジネスマナー診断テスト」

⇒バックナンバー一覧