ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

頭の中の消費者像を疑え
本当のお客はここにいる!
消費増税でも売れる!「お客をつかむ新法則」

週刊ダイヤモンド編集部
【14/2/22号】 2014年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

スポットが当たり始めた
地方の“ヤンキー世帯”

 千葉県の成田空港周辺。空港のために鉄道や道路が整備され、都市部へのアクセスはいい。しかし、ここで生まれ育った江藤友男さん(仮名)は、「地元からは、ほとんど出ることはない」という。

 成田市内の飲食店で働く江藤さんの年収は200万円台だ。しかし、昨年、娘のために購入したひな人形セットは100万円を超えた。もっとも、お金を出したのは妻の実家。普段から家族や親族のつながりは何より大事にしている。相手の実家に結婚のあいさつに行った際にも、親戚一同がずらりと並び、豪勢な料理が振る舞われた。

 友人たちとの絆も、家族同様、何物にも代え難いと考えている。同じような境遇の古くからの仲間とは、今も家族ぐるみの付き合いを続けている。「ショッピングモールもあるし成田を離れる必要がない」と江藤さんは言う。

 決して収入は高くなく、高学歴でもない。家族や仲間を大事にして、何より地元意識が強い。小中学校時代の同級生と今も密接につながり、結婚相手になることもしばしば──。主に地方や大都市郊外に住むこうした人々の存在は、企業、メディア、アカデミズムから無視されてきた感がある。

 その理由を『世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析』の著者であり医学博士でもある斎藤環・筑波大学教授は「彼らには自らを語るすべがないから」と分析する。「例えばオタクなら、メディアにも学界、論壇にもオタク的な人がいて、自ら情報発信している。そこが大きな違い」(斎藤教授)。

 だが昨今、斎藤教授をはじめ一部の専門家が『ヤンキー』としてスポットを当て始めた。ヤンキーといえば不良や暴走族を思い浮かべるだろうが、必ずしもそういう意味ではない。「地方の低学歴・低所得者層」とヤンキーを広く定義する専門家もいる。そう捉えると規模としてはかなり大きい。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧