ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
消費税増税2014徹底攻略!

徐々に見えつつある家電の駆け込み消費
冷静さ保つ量販店の脳裏をよぎる“苦い経験”

ビジネス編第7回

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第9回】 2014年2月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

駆け込み消費はすでにスタート?
エアコン、冷蔵庫、テレビに動き

 エアコンと冷蔵庫が急激に売れ始めている。

出所:「全国有力家電量販店の販売実績集計/GfK Japan調べ」
拡大画像表示

 調査会社のGfKが発表した対前年同月比の金額と販売台数を見てみると、エアコンは数量の前年同月比36%増、金額は同54%増、冷蔵庫においては、数量は同22%増、金額は同53%増と高い伸び率を示した。消費税増税が正式に決まった2013年10月以降、長らく対前年同月比をクリアできなかったテレビも、11月には金額で前年を上回り、それが定着しつつある。

出所:「全国有力家電量販店の販売実績集計/GfK Japan調べ」
拡大画像表示

 ところが、それとは裏腹に家電量販店の現場は至って冷静だ。

 もちろん、各社は4月の消費税増税を前に、消費の現場では駆け込み需要が盛り上がると見ている。実際に、すでに住宅市場ではわかりやすい動きがあった。アベノミクスによる景気回復の影響もあり、2013年の新設住宅着工戸数は前年比11%増の98万戸に達した。伸び率の大きさは前回の消費増税駆け込み需要が起こった96年以来で、歴史は繰り返された形になっている。

 一足先に住宅市場で盛り上がった駆け込みの熱気は、これから本格的に他の商品へ移っていくはずだ。家電や高級時計・宝飾品、高級ブランド品などの高額商品、米や麺、水、酒類など保存が可能なものは、大いに盛り上がると言われている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費税増税2014徹底攻略!

2014年年4月から、消費税率が5%から8%に引き上げられる。さらに1年半後には10%にまでの引き上げも待っている。前回の1997年の引き上げ以来、17年ぶりの消費税増税だけに、どのような影響が出るか、どんな準備をしたらいいのか迷うことも多い。景気にはどのような影響が出るのか、ビジネス上ではどんな準備をすればよいのか、個人の生活はどう守ればいいのか。「マクロ景気」「ビジネス」「個人生活」の3つの視点で、消費税増税を乗り切る「術」を考える。

「消費税増税2014徹底攻略!」

⇒バックナンバー一覧