ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

ピンボケ画像もキレイに修正する「超解像度技術」に注目

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第29回】 2008年6月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回は、先日NECエレクトロニクスが発表した組み込み式の「超解像技術」を取材した。この言葉は造語で、実際はハードウェアによって画像を美しく見せるための技術のことを指している。デジタルカメラの写真を編集したことがある方は、「シャープネス」という処理をご存じだろう。ピントが合っていない写真をソフト的な処理で画質向上する機能だ。もちろん、ある程度の限度はあるのだが、ちょっとぼんやりした写真でも確かにくっきり見えるようになる。

 「シャープネスは画像のエッジを強調するので、本来はありえないエッジが出てしまう可能性がありますが、超解像技術ではその点を防止する仕組みを採用しています」と語るのは、NECエレクトロニクス第1SoC事業部システムASIC事業部の松浦佳弘チームマネージャー。一般的なシャープネスよりは高機能だが、広義には「シャープネスの一種」といっても間違いではないだろう。

かなり満足できる高画質と表示速度

NECエレクトロニクスの「超解像技術」
NECエレクトロニクスの「超解像技術」で、古い画像がこんなにキレに。今後、デジタル家電への搭載が期待される。

 サンプルの写真をご覧いただくと、ぼんやりした画像がくっきりしているのがわかるだろう。取材にうかがってデモを拝見したが、確かに明確な違いがあった。パキッとした美しい映像に変化しているのだ。感覚的に言うなら、ちょうど「アナログ放送と地上デジタル放送の違い」くらいの差はある。

 とはいえ、技術の品質を宣伝するために用意された映像が美しくなるのは、ある意味当たり前とも言える。しかし、興味深かったのは、映像を表示しているWindowsのメニューまでもがくっきり映っていたことだ。これは確かに抜群の効果がある。デモでは、2台のディスプレイに同じデータを表示していたのだが、表示がまったく遅延しないのにも驚かされた。静止画だけでなく、動画を処理しても遅延しないのだ。実際にはある程度の処理時間がかかっているのだろうが、フレームレート以下の時間に収まっているので、まったく気にならない。ソフトウェアの処理では負担が大きく、必ず遅れが出るだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧