HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

カフェインで記憶力がUP
細部を覚えたいならコーヒーを

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第186回】

 受験勉強と深夜残業のお供「コーヒー」。眠気を抑えるだけでなく、記憶力を高める効果もあるようだ。米ジョンズ・ホプキンス大学の研究結果から。

 研究者らは、あまりコーヒーを飲まない160人を対象に、試験を実施。被験者を2グループに分け、さまざまな画像を見せた5分後に片方のグループに200ミリグラムのカフェイン錠を、もう片方にプラセボを服用してもらった。体内のカフェインレベルを測定するため1時間後、3時間後、24時間後に唾液サンプルを採取している。

 その翌日、両群に前日と同じような画像を見せた。ただし、全く初見の画像や、いわゆる“間違い探し”のように微妙に細部を変えた画像が含まれていた点がミソ。ガラリと変わった画像を特定することに関しては両群に差はなかった。しかし、微妙に似せた画像の特定率はカフェイン服用群でかなり高かったのだ。研究者は「カフェインの服用で、より小さな差異を認識する“パターン分離”の機能が強化された」としている。

 パターン分離は短期記憶の中枢ともいえる「海馬」がつかさどっている。差異を見つけるパターン分離、逆に小さなパターンから、統合された記憶を引っ張りだす「パターン補完」の中枢でもある。誰かの後ろ姿を見ただけで、「あ、○○さん」と思い出すのはパターン補完の力だ。一見、相反するパターン分離・補完は同時進行で行われているらしい。

 アルツハイマー型認知症では、真っ先に海馬の脳神経細胞が減ることが知られている。最初に短期記憶が消失し、続いて長期記憶が失われていく辛い病態の背景には、この機能が関わっているのだろう。研究者は「カフェインはアルツハイマー型認知症の予防に役立つかもしれない」としている。

 今回服用したカフェイン量を通常のコーヒー飲料で摂るには、レギュラーコーヒーで1杯、エスプレッソなら2杯でいい。カフェイン含有量はエスプレッソのほうが少ないのだ。また、短期記憶は反復するか強烈な感情を伴うかしないと、長期記憶にはならない。カフェインで一夜漬け、は身につかないのでご注意を。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧