ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第39回】 2014年3月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

経済学やファイナンス理論の
根本を揺さぶる衝撃の問題作
『ブラック・スワン――不確実性とリスクの本質』(上・下)

1
nextpage

今回ご紹介するのは『ブラック・スワン』です。「ブラック・スワン」とは、統計上ありえない出来事を指しているのですが、原著がリーマン・ショック前に出たこともあり、金融危機を予測していたのではないかと話題になりました。現在正しいと信じられている科学(とくに統計学)がいかにいい加減か、軽快なタッチで次々に罵倒する衝撃の問題作です。

「既存の理論を覆してしまう
予想外の現象」について解説

 私たちは均衡点を中心に思考し、経済も歴史も揺れ動きながら均衡点を目指して動いていると考えます。すべての秩序は基本的に安定していて、変動しても復元することを前提に思考するわけです。経済学でいえば、一般均衡が成立する新古典派経済学の世界です。

 本書の著者、ナシーム・ニコラス・タレブは「人間の経験は限られていて知識はもろいものだ」、と書きます。「経験」とは既存の科学を含むのでしょう。直線的な予測の中で生活しているとき、突然「ブラック・スワン」が出現し、私たちは狼狽します。秩序は崩れ、奈落の底に落ちます。

 タレブが「ブラック・スワン」で象徴するのは、以下の3つの事象のことです。

 第一に、異常であること。つまり、過去に照らせば、そんなことが起こるかもしれないとはっきり示すものは何もなく、普通に考えられる範囲の外側にあること。第二に、とても大きな衝撃があること。そして第三に、異常であるにもかかわらず、私たち人間は、生まれついての性質で、それが起こってから適当な説明をでっち上げて筋道をつけたり、予測が可能だったことにしてしまったりすること。(上巻、7ページ)

 「一握りの黒い白鳥で、人間の世界がほとんど説明できてしまう」と書きつつ、タレブは浩瀚な教養を広げながら、数百人に及ぶ古今の経済学者、科学者、哲学者を引きずり出して罵倒し、あるいは称揚して「ブラック・スワン」出現の論理を組み立てていきます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧