ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

安倍首相は解釈改憲より「経済専心」に戻るべき

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第224回】 2014年3月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 安倍晋三首相が急ぐ解釈改憲については、このところ与野党内からの慎重論だけでなく、有力なOB議員からも異論反論が噴出している。

 そして、ついに現職閣僚からも「待った」がかかった。

谷垣法相が記者会見で語った
安倍首相の解釈改憲への反対論

 3月7日、谷垣禎一法相は、閣議後の記者会見でこう語った。

 「憲法解釈があまりに不安定だと国家のあり方そのものも動揺してしまう。憲法解釈は極めて安定性がある必要がある」

 「特に憲法解釈は国民の理解を取り付ける必要がある。手順段取りを踏むことが大事だ」

 これは、谷垣氏が集団的自衛権の行使容認を、憲法改正によるのではなく、憲法の解釈の変更によることの是非を記者から問われて答えたものだ。

 この発言は解釈改憲に対する慎重論というより明確な反対論に聞こえる。

 谷垣氏は自民党の前総裁。かつては宮沢喜一元首相派「宏池会」のプリンス。その温厚で誠実、芯の強い人柄、バランス感覚が宮沢氏に気に入られ秘蔵っ子と言われた。

 彼は昨年の特定秘密保護法についてはあいまいな態度を批判され「谷垣は終わった」ともささやかれてきた。

 しかし、浮き足立って解釈改憲に突っ走る首相を見てついに堪忍袋の緒が切れたのだろう。ここで黙っていては、これまでの政治生涯まで水泡に帰すると感じたのかもしれない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧