ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

シビアな中国企業へ投資するには「寝技」と「割り切り」を身につけよ!

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第1回】 2009年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界危機後も経済の牽引役に!
成長市場の中国に群がる投資資金

 人口13億人の急成長市場・中国には、世界各国の企業の資金が、留まることなく流れ込んでいる。日本企業も例外ではない。大不況後の世界経済を牽引するであろう中国経済の底知れぬパワーには、誰もが一攫千金のビジネスチャンスを夢見て止まない。

 だが、実際に中国に進出した企業が、「厚い壁」に阻まれて立ち往生してしまうケースは少なくない。中国のビジネスと日本のビジネスとの間には、大きな「価値観のギャップ」が横たわっているからだ。

 現実に、中国ビジネスが持つ「シビアな顔」をイヤというほど見せつけられ、心をくじかれた経験を持つ企業関係者も、少なくないはずだ。

 本連載では、毎回中国ビジネスの現状を例に挙げ、すでに中国に進出している企業や、これから進出を考えている日本企業が、世界で最もシビアな市場で成功するための知識や心得を、様々な側面から提言していく。

 連載1回目は、日本企業が中国企業と協業する上で肝に銘じるべき「最も基本的な心得」を、専門家の意見を交えながらお伝えしよう。

 日本や欧米のような成熟市場と違い、成長市場で勝負をする中国企業にとっては、「スピード」がとても重要だ。マーケットの主導権を握るためには、競合以上のスピードで事業を拡大し続ける必要がある。

 そして、アクセルをベタ踏みして、自分たちの限界スピードで事業を拡大していくためには、必要な投資資金を利益の内部留保でコツコツ貯めるのではなく、外部から一気にドカンと調達する必要がある。

 日本以上に政府の規制が厳しく、金融機関からの融資が思うようにいかない中国企業の場合、成長のための資金調達は、国内外の競合企業や投資ファンドからの出資がメインとなるからだ。

 日本企業にとっても、このような状況はまさに「渡りに船」。右も左もわからない過当競争市場でコツコツとシェアを広げていくよりは、すでに国内で大きなシェアを持つ中国企業と資本・事業提携をしたほうが、よほど効率的だからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧