ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

あなたの「残業」はブラックか?
チャンスか? 非能率か?

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第322回】 2014年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

肩身が狭いか、逆に誇らしいか?
「残業」に対する3つのイメージ

 ビジネスパーソン読者は、「残業」という言葉に対して、どのようなイメージをお持ちだろうか。

 若い読者は「ブラック(企業)」に近いイメージをお持ちかもしれない。

 定時には終わらない無理な分量の仕事を与えられるから、残業が必要になる。常時残業の可能性があるので、外の友達(異性の交際相手も含む)などと、約束ができない。毎日、自由時間がほとんどない。

 さらに、残業していることは自分の能率が悪いからだと評価される可能性があるので、残業代をフルに請求するのははばかられる。自分へのプレッシャーを減ずるために、つい「サービス残業」をしてしまう。しかし、時間分の残業代にならない労働には納得が行かない感情が残り、諸々の状況がストレスとなる。

 こうした感覚で「残業」を悪いものだと捉えているビジネスパーソンは、少なくあるまい。

 一方、「残業」をそれほど悪いものではないと考えて働いている若手ビジネスパーソンも多い。

 残業しているということは、自分にたくさんの仕事があるということであり、それは自分が大いに役に立っていることの結果だ。自分が関わっている仕事は、残業してでも行う価値がある。「残業」というオプションを持つことによって、マイペースで仕事に取り組むことができる。加えて、残業すると残業代という名目でお金までもらえる。残業は、有り難いチャンスだ。

 むしろ、たくさん残業していることを誇るような気持ちで働いているビジネスパーソンも多い。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧