ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

男子プロテニスで今、強いのはスペインとフランス。
錦織圭も学んだかつての強国アメリカはどうした?

相沢光一 [スポーツライター]
【第295回】 2014年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先週末に行われた男子プロテニス、ソニーオープン(米フロリダ州マイアミ)で錦織圭が快進撃を見せた。

 錦織の現在の世界ランクは21位だが、3回戦で同16位のディミトロフ(ブルガリア)、4回戦で同4位のフェレール(スペイン)を撃破。そして準々決勝では、ウインブルドン選手権を2003年から5連覇、全米オープンを2004年から5連覇、4大大会をトータルすると17回も優勝している現世界ランク5位のフェデラー(スイス)をも破ったのだ。

 フェデラーには昨年5月のマドリードオープンでも勝っているが、この時はフェデラーが苦手とするクレーコート(土)というアドバンテージがあった。が、今回は得意なハードコート。そこでかつての絶対王者フェデラーと互角に渡り合い、勝利を収めたのは錦織の実力が世界のトップレベルに迫っている証拠だろう。

 4回戦でフェレールと3時間5分、準々決勝でフェデラーと2時間8分の激闘を行ったため、古傷の左股関節痛を発症。世界ランク2位のジョコビッチ(セルビア)との準決勝を棄権したのは残念だったが、ランク上位の強者3人を次々と負かしたことは称賛に値する。敗れたフェデラーが「このまま行けば、ケイはすぐにトップ10入りするよ」と言ったように日本選手にとって夢のまた夢だったランクひとケタ台が見えてきた。今季の錦織の試合は見逃せなくなったといえる。

◆コナーズにマッケンロー、アガシ……
かつての強豪アメリカ勢はどこへ行った?

 ところで、ふと気づいたのだが、錦織が4回戦で破った世界ランク4位のフェレールはスペイン人、準々決勝で破った5位のフェデラーはスイス人だ。また、現在1位のナダルはスペイン人、2位のジョコビッチはセルビア人、3位のワウリンカはスイス人である。ひと昔前の男子プロテニスといえばアメリカ人選手が主役だった。ジミー・コナーズ、ジョン・マッケンロー、ジム・クーリエ、ピート・サンプラス、アンドレ・アガシなどそうそうたる選手が揃っていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧