ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第28回】 2014年6月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

「1時間叱り続けることはできるのに、1時間褒め続けることができない日本人」
【佐々木圭一×坪田信貴】(中編)

1
nextpage

58万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者佐々木圭一氏と、発売5ヵ月で35万部を突破した『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者坪田信貴さんとの対談・第2回。今回のテーマは「褒め方」と「伝え方」。褒め方の技術についてお話しいただきました。
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(構成・森 綾 撮影・小原孝博)

責任を負えることを言葉にしている

佐々木 坪田さんの本は、最初に白紙のページが出てきますよね。僕は、これに心を掴まれました。本の表紙も、本の主人公その人ではないんですよね。

佐々木圭一(ささき・けいいち)
コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師 上智大学大学院を卒業後、97年大手広告会社に入社。後に伝説のクリエーター、リー・クロウのもと米国で2年間インターナショナルな仕事に従事。日本人初、米国の広告賞One Show Designでゴールド賞を獲得(Mr.Children)。アジア初、6ヵ国歌姫プロジェクト(アジエンス)。カンヌ国際クリエイティブアワードでシルバー賞他計3つ獲得、AdFestでゴールド賞2つ獲得、など国内外51のアワードを獲得。郷ひろみ・Chemistryの作詞家としてアルバム・オリコン1位を2度獲得。

坪田 違います。モデルさんですね。

佐々木 「このギャルが坪田さんなのか」と思った人もいたかもしれないな。

坪田 そう思う方もいらっしゃったみたいです(笑)。

佐々木 本の構成上、成功体験が続くと思いきや「あれ、想像していた内容と全然違うぞ」と初っぱなから楽しいんですよね。たとえば“Japan”の訳を「ジャパーン」と生徒さんは訳す。日本じゃなくてジャパーン。「なぜ伸ばした、君は郷ひろみか!」とか、こういうところはもう、めちゃめちゃ笑えますよね。僕は今41歳ですけど、坪田さんの授業を聞いてみたいなって、すごく思いました。

坪田 僕のほうが聞きたいです。上智大学の佐々木先生の授業を。

佐々木 あとすごく共感したのは、31ページに書かれている「でもね、何より『絶対無理』って言われたことを成し遂げるのが自信になるんだ。それが大人になってからも大事だ」ってところです。これはなかなか言えない。責任を自分が背負うっていうことを、あえて言葉にしたんですね。

坪田『伝え方が9割』は、読み方によっては、「とりあえず、その技術を実践すればいいんだ」と思う人がいるかもしれないけど、実はそうじゃない。「中身がいいことが前提だし、ダイヤの原石は磨かなければ輝かない」ということを示唆されている。多分、僕と同じことを伝えてらっしゃるのかなと。

佐々木 表紙だけ見た方が、「口先だけで相手を騙して自分だけ得するみたいな本」と勘違いされることもあるのですが。読者からの感想で嬉しかったのは、「相手のことを想像して伝えるから、相手もハッピーな気持ちになって「イエス」って言えるし、自分もハッピーになれるってすごい、今っぽいし新しいと思います」という感想でした。

坪田 そこは意図されてたわけじゃないんですか。

佐々木 意識して書いたわけではないんですが、ベースはあったかもしれません。『伝え方が9割』の裏タイトルは、「相手の想像の仕方」。相手のことをどう考えるかということで、このタイトルにしたんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧