ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第16回】 2013年8月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

世の中のいい言葉には、法則がある
【しずる村上×佐々木圭一】(後編)

1
nextpage

もともと2人の出会いはツイッター。『30秒で「思いが伝わる」技術』の著者で若手人気芸人のしずる村上氏と、『伝え方が9割』の佐々木圭一氏の対談の後編。村上氏の大きな転機になったのは、「レッドカーペット」。笑わせること、感動させることにもルールがあった。(取材・構成/上阪徹 撮影/小原孝博)

自分にマイナスなことは、相手にはプラス

村上 純(むらかみ・じゅん) 株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。1981年、東京生まれ。成蹊大学法学部卒業後、NSC(吉本総合芸能学院)東京校に9期生として入学。2003年に池田一真とお笑いコンビ「しずる」を結成。主にコントを行い、「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)などでの「青春コント」で人気を博し、「THE THREE THEATER」「爆笑レッドシアター」(フジテレビ系)、「不可思議探偵団」(日本テレビ系)、「おはスタ645」(テレビ東京系)など多数のテレビ番組に出演。コント日本一を決める大会「キングオブコント」では2009年3位、2010年6位、2012年4位の好成績を収めている。現在もルミネtheよしもと(新宿)を中心に劇場出演やテレビ・ラジオ等のメディア出演を続けながら、2011年には木村祐一監督の映画「ワラライフ!!」で主演を務めるなど活動の幅を広げている。単独ライブの模様を収録したDVD「POWER×POWER」「Conte Out」も、よしもとR&Cより絶賛発売中。 著書に『しずかにながるる』(ワニブックス)、『村上純フォトブック What a Wonderful Life!!』(講談社)などがある。twitter:@shizurumurakami

佐々木 もともと僕自身が、伝えるのがすごく苦手だったんです。寡黙な少年時代を送り、大学時代とかも地味に送っていたがゆえに、伝え方って本当に大事だと思ったんですよね。
 僕自身は100思ってるのに、なんだか60くらいしか伝わらない、みたいなことを、僕は幼少期からずっと感じ続けていたんです。
 だから、もっとうまく伝わるといいな、と。僕自身がそうだったように、自分の思いが100あるのに、70とか80とかしか伝わっていないなと思う人はきっとたくさんいると思っていて。

村上 それはあると思いますね。

佐々木 そういう人に、こんなふうにやってみたらどうなの、というものを提示したかった。実際に本を読んでもらって、使ってもらったら、なるべく自分の気持ちに近づいてしゃべることができたり、もうちょっとプラスαでしゃべることができるんじゃないかと思うんです。

村上 そうですね。

佐々木 村上さんの本にもありましたけど、やっぱり心を裸にして人と接すること、自分に嘘をつかないことで、相手の心は揺れ動くと思うんです。まさにそうだと思いました。ただ、一般の人には、やっぱり、これはハードルがあるじゃないですか。自分をさらけ出すって、怖い。
 でも、むしろ赤裸々に語ったほうが、逆にいい印象を持ってもらえたりするんですよね。

村上 そうなんです。頭の中でイメージするものって、本当のことかどうかは別なんですよね。裸になったときって、どうしても悪いイメージしかできない。本当は違うのに。
 それこそ精神論になっちゃいますけど、やってみないとわからない、というところがありますよね。それは、すごくもどかしいんですけど。

佐々木 自分が思っているほど、まわりの人は自分に注目していなかったりもしますよね。

村上 そうなんです。自分にマイナスなことを言うのは、相手には逆にプラスになるんです。自分にマイナスなことを言ってくれているんだ、というふうに捉えてくれると思うんですよ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧