ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第26回】 2014年6月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

なぜAKB総選挙で名言が生まれるのか?
『伝え方が9割』佐々木圭一が解説!

1
nextpage

なぜAKB総選挙のスピーチはあそこまで話題になり、名言が生まれるのか?そこには偉人の名言と共通する、秘密があった!『伝え方が9割』著者がAKB総選挙のスピーチを解説。

AKB総選挙のスピーチに隠された秘密とは?

指原莉乃さんのスピーチには、強いコトバになるだけの秘密があった
Photo:JIJI

 AKB総選挙では、一人ひとりの順位も注目されますが。スピーチも大きな注目ポイント。ここから毎年名言が生まれています。名言は語り継がれたり、芸人に真似されて時代の言葉になったりもしました。

 事前に用意している方や、その場で思いついたことを言う人もいるようです。もちろん、順位の高い人のスピーチほど注目されやすいですが、でもそれだけでは名言になりません。2014年AKB総選挙のスピーチから名言になりそうなスピーチと、既に名言となった過去のものを見てみましょう。世界の偉人のスピーチに通じる、意外な共通点が発見できますよ。

 今年の名言は、何と言っても第2位になった指原莉乃さんの

 「正直、すごく、すごく、すごく悔しいです」

 ではないでしょうか。聞いていて、ぐっと来た方も多いと思います。この1年をセンターとしてやってきて、しかも速報では1位だったにもかかわらず2位になってしまった悔しさが詰まったスピーチでした。1年間、AKBグループを背負い続けてきたからこその重みがあります。内容もいいのですが、それだけでなく、このスピーチには強いコトバになるだけの秘密が隠されています。意味で言うなら

 「正直、すごく悔しいです」

 で伝わるにもかかわらず、3回「すごく」をリピートしています。その結果、ぐっと意味が強くなりました。しかもくり返すことによって心の底からそう思っているように、感情が引き立って伝わります。こちらは、強いコトバをつくる技術のひとつ「リピート法」です。過去には、映画解説者の故淀川長治さんの「さよなら、さよなら、さよなら」。リンカーン大統領の「人民の人民による人民のための政治」というものがあります。

 こちらは何もごく一部の政治家やアイドルにしか使えない方法ではありません。結婚式のスピーチ、朝礼でのスピーチ、会議での発言といった日常で使えます。かんたんではありますが、リピート法を使うことによりスピーチを強くすることができるのです。例えば「結婚おめでとう!」ではなく「結婚おめでとう!おめでとう!おめでとう!」と言うと、意味が強まり祝う感情まで伝わります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

上智大学大学院を卒業後、博報堂を経て、株式会社ウゴカスを設立。新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。ストレスから1年で体重が15%増、アゴも無くなる。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。初めての著書『伝え方が9割』は、64万部のベストセラーとなり、2013年ビジネス書年間ランキング1位(紀伊國屋書店新宿本店調べ)、年間ベストセラー単行本2位(2013年ビジネス書部門/日販・トーハン調べ)となる。カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む、3年連続受賞。米国の広告賞One ShowDesignで日本人初ゴールド賞受賞。AdFestでゴールド賞受賞。AIMアワードでグランプリ受賞。トリンプ「天使のブラ」、コーセー「FASIO」などヒットCMを数々制作。郷ひろみ・Chemistryなどの作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。トヨタ自動車、楽天、大塚商会、東武鉄道、ユー・エス・ジェイ、小林製薬、プルデンシャル生命、ソニー生命保険、東京大学、上智大学などで150回以上の「伝え方が9割・講演」を行う。メディア出演は、NHK「ゆうどき」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ朝日「お願い!ランキング」、フジテレビ「ネプリーグ」、TBS「ひるおび!」、テレビ東京「FOOT×BRAIN」、BS朝日「ポップメイカー」にてMC、「an・an」連載など多数。「日本のコミュニケーション能力のベースアップ」のために、精力的に活動している。佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp Facebook:www.facebook.com/k1countryfree  twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧