ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
メリルリンチ日本証券「産業の明日」を読む

【ITサービス】
政府官公庁・金融の大型投資で国内IT投資環境は好転
中長期では、構造転換への取り組みに注目
――メリルリンチ日本証券調査部リサーチアナリスト・江口博康

江口博康 [メリルリンチ日本証券調査部リサーチアナリスト]
【第10回】 2014年4月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

景気回復に伴って、ここ数年冷え込んでいた企業のIT投資は徐々に上向いてきている。2013年はウィンドウズXPのサポート終了などが追い風となった。今後はクラウドコンピューティングの本格的な普及、ビックデータやM2Mなどの市場の成長が期待でき、各社の業績を上向かせそうだ。ITサービス市場はプレイヤーが多いことが特徴だが、なかでも伊藤忠テクのソリューションズとNTTデータに注目している。

ITサービス業界:
業務ノウハウと最先端テクノロジーを融合させる特異な業界

えぐち・ひろやす
2004年日本体育大学卒。06年一橋大学大学院商学研究科修了。06 年シティバンク・エヌ・エイ東京支店(現シティバンク銀行)入社。07 年8 月メリルリンチ日本証券入社。08 年から3 年間電子部品チームで中小型銘柄をカバーする。

 国内ITサービス市場は、約10兆円(2013年)。業界トップ5ベンダー合計(富士通、日立製作所、NEC、NTTデータ、日本IBM)でも60%前後の売上シェアに止まり、売上高数十億円から数百億円規模の会社が乱立しているのが実態だ。

 システムインテグレーション(SI)を手掛けるシステムインテグレーター(SIer)は、エンドユーザーの業務ノウハウを熟知しているため、同様のシステム開発を競合企業などへ横展開し難く、「1対1」のビジネスモデルが基本となってしまっていることが要因である。

 結果として、プレーヤー数の多い、非効率な市場となってしまっている。供給過剰構造を是正する業界再編の動きも進んでおらず、業界各社の営業利益率は、平均6~7%と欧米企業の15%前後を下回る水準に止まる。

出所:会社側資料、BofAメリルリンチ・グローバルリサーチ作成
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口博康 [メリルリンチ日本証券調査部リサーチアナリスト]

えぐち・ひろやす/2004年日本体育大学卒。06年一橋大学大学院商学研究科修了。06 年シティバンク・エヌ・エイ東京支店(現シティバンク銀行)入社。クレジットカード事業にて財務本部に在籍し、プロダクト別収益管理業務に従事。07 年8 月メリルリンチ日本証券入社。08 年から3 年間電子部品チームで中小型銘柄をカバーする。


メリルリンチ日本証券「産業の明日」を読む

アベノミクスによって円高修正が進んだものの、さらに円安が進む可能性は小さい。加えて、韓国、中国の企業も、日本の産業・企業のライバルとしてますます力をつけている。一方、国内市場は人口減少で、大きな成長は望めない。そうした環境変化の中で、日本の産業の将来はどうなるか。メリルリンチ日本証券の精鋭アナリストたちが、経営環境の変化、短期の業績、中長期の課題に焦点を当て、日本の主要産業の明日を読み解きます。

「メリルリンチ日本証券「産業の明日」を読む」

⇒バックナンバー一覧