ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ひとり社長の経理の基本
【第4回】 2014年5月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
井ノ上陽一

“税務署は、御社の「ここ」を見ている!”
9割の社長が知らない「売上」と「経費」のホント

1
nextpage

「税務署は、会社のどこに目を光らせているのか」。社長にとって、とても興味のあるテーマだと思います。その重要ポイントは、「売上」と「経費」。具体的には、「売上と経費の証拠がちゃんと集められているか、違法性がないか」を見てくるのです。詳しく見ていきましょう。

「集める」がいい加減だと、
税務署に目をつけられる!

過去の記事で「3ステップ経理術」をご紹介しました。対税務署対策としては、その最初のステップ、「集める」が重要なのです。

 料理を作るには、まずスーパーで材料を買わなければいけません。この買い物が「集める」に該当します。経理の材料となるのは、レシートや領収書、請求書などです。

 経理で無視できないのは、税金・会計の法律です。これらの法律にそった処理をしなければいけません。その決め手になるのは証拠と理由(ストーリー)です。

 例えば、「本を書くための資料として、専門書を買った」とします。この場合、「本を買ったときのレシート」が証拠。「本を書くための資料として買った」が理由になります。

 証拠と理由をしっかり集めておかなければ、「何に、どれだけのお金を使ったか」「何をやって、どれだけ儲けたか」がわからなくなります。すると、正しい経理ができず、さらに決算・申告の際に税務署から「この会社は怪しい」と目をつけられてしまうのです。ゆえに、最初のステップである「集める」が最も重要になります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



井ノ上陽一 (いのうえ・よういち)

「経理業務の効率化」「会計とITの融合」を得意とする税理士。
大学卒業後、総務省統計局に勤務し、数字の分析手法とITスキルを学ぶ。しかし、「独立して、数字とITで社会貢献したい」という思いから、税理士受験に挑戦。見事合格し、税理士資格を取得。2007年に独立を果たす。
「経理は難しくない! ひとり社長でもできる! 」をモットーに、ITを駆使した効率の良い経理を経営者に伝えている。目標は、手書き伝票を使う、手間をかけすぎるといった「経理の古い慣習」を変えること。
業務効率化を得意とし、あるクライアントでは、Excelによる業務管理システムの導入とペーパレス化の推進により、年間240時間分の業務を削減した。
現在、世界で100人強しかいない「マイクロソフトMVP for Excel」の資格を所持している。
税理士業務に加えて、セミナー・執筆などを通じて、「数字」「お金」「時間」「IT」に関する悩みを解決し、新しいワークスタイルを提案している。


ひとり社長の経理の基本

本連載は、社長ひとりだけの会社、つまり「ひとり社長」が知っておくべき経理の基本をまとめたものです。「めんどくさい、わからない、不安」と3拍子そろった経理ですが、本連載では、経理実務を極限まで簡略化します。それが、「①集める、②記録する、③チェックする」という3ステップ経理術。余計な知識は全部省いて、「ひとり社長なら、ここだけでいい」とポイントをおさえ、しっかり解説します!

「ひとり社長の経理の基本」

⇒バックナンバー一覧