ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドン・キホーテやモスバーガーも新機軸続々
消費増税後の新たな顧客争奪戦の実態

大来 俊
2014年5月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 平日の11時。埼玉県川口市のある店舗を、子連れのママ友らしき主婦2人が訪れた。子どもたちは早速店内のキッズスペースに置かれたiPadでゲームを始める。主婦らは備え付けのフレーバーティーサーバーで好みの飲み物を選び、ソファーでくつろぎながら談笑。子連れ歓迎の今どきの“親子カフェ”によく見られる光景だ。

 だが、ここはカフェではない。今年4月5日に開店したばかりのファミリーカー専門の中古車販売店「SNAP HOUSE(スナップハウス)東川口店」でのひとコマなのだ。

 広々とした店内にはテーブル席やソファーが複数設けられ、2時間300円の利用料を払えば、コーヒーやフレーバーティー、ジュースが飲み放題。小学生未満は無料だ。筆者が主婦らにクルマへの興味を聞くと、「残念ながら全くありません」と苦笑い。「ここはキッズスペースがあって、子どもがいくらでも騒げるのがいい。ママ友と会うときは今後も利用したい」と話す。

SNAP HOUSE店内のキッズスペースで遊ぶ子どもたちと、くつろぐママたち

 同店は中古車買取・販売のガリバーインターナショナルが運営。屋外展示場も含め国内外の異なるメーカーの中古ファミリーカーを常時20台程度展示する。しかし、主婦らはお茶を飲みながら、もっぱら世間話に花を咲かせる。店員も自分たちから商談を持ちかけることはしない。結局、主婦らはクルマを一切見学することなく、店を離れた。見学や商談なしにカフェ利用だけで帰られては、本末転倒ではないか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧