ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

中古車選びはアトラクション感覚で!?
自動車流通革命を狙うガリバー
新ビジネスモデル「WOW!TOWN」の意外な実力

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第119回】 2012年7月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

擬似バーチャルリアリティ?

 首からiPadをぶら下げて、場内をウロウロ。
  パチパチとQRコードを撮る。
  気に入ったら、「いいねリスト」へ入れる。
  「WOW!STATION」に戻ってカフェオレを飲みながら、選んだ車の情報詳細を検索。
  実車があるのに、なんだかバーチャルリアリティ。
  そんな気分だ。

「WOW!TOWN幕張」のメインオフィス、「WOW!STATION」。
Photo by Kenji Momota

 「ご要望があれば、お選びになったクルマ数台を実際にこの前に並べます。そうすると、クルマの大きさやカタチの違いが実感できます。車内の広さや使い勝手を知っていただくために、実際に荷物を出し入れしていただくこともあります」(WOW!TOWN幕張・ストアマネージャー、石川淳一氏)

 こうした中古車選び。これまで、ありそうでなかった。

 同店の基本コンセプトについては筆者は今年6月後半、ガリバーインターナショナル・代表取締役・羽鳥由宇介氏から直接聞いている。その詳細は十分に理解していたつもりだった。

 だがこうして実際に現地体験してみると、筆者の想定以上に、結構楽しい。

 「ええ、お客様からそうした声、多いです。(そのため)お客様の当店での滞在時間が、2~3時間なんです。我々の想定よりかなり長く、正直驚いています」(石川氏)

 クルマの流通革命を目指す、ガリバー。
  第2成長期を目指すステージがいま、開幕した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧