HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

地方にも都会レベルの居場所をつくろうよ!
東京のひきこもり大学に全国から90人が参加

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第197回】

 ゴールデンウイーク真只中の5月4日夜、都内で初めて公開で行われた「ひきこもり大学in東京キャンパス」には、90人の参加者が全国から集まった。

 講師やスタッフを含めると、100人を超える大型イベントとなり、その半数以上は「当事者」(本人申告)が占めた。

 また、そのうちの半数は、当日参加という、いつもながらの人数の読めない主催者泣かせの会となった。

引きこもり当事者が先生に
学部学科も様々な「ひきこもり大学」

 ひきこもり大学というのは元々、当事者から生まれたアイデアの1つ。2ヵ月に1度開かれている『ひきこもりフューチャーセッション「庵-IORI-」』のアイデア会議の打ち合わせで、とらさんという30歳代男性の発案したアイデアが、周囲のサポートを受けて具現化したものだ。

 発案者のとらさんによれば、ひきこもり大学とは基本的に、当事者が先生になり、家族や支援者、一般の人たちが生徒になって、引きこもり経験や知恵を学ぶ場。生徒が勉強になると思ったら、先生にそのまま渡す寄付金箱に投げ銭を入れてもらう。

 引きこもっている人たちは外に出たいと思っても、一般の人が想像する以上に公共交通費が高く、家から出てくるだけでも金銭的な負担が大きい。そこで、せめて「交通費くらいの費用は参加者に負担してもらえるといいな…」という当事者ならではの思いが、発想の根源にある。

 また、「引きこもり」といっても、広く状態像を示すもので、それぞれの当事者が抱える生きづらさの状況は様々だ。そこで、先生を務める人が、自由に話したい趣旨に基づいて学科名をネーミングできるのも大きな特徴だろう。

 これまで東京では、講師を務めたい当事者が名乗りを上げたら、非公開で小さく安心できる場の中で散発的に開いてきた。

 ただ、地方でもひきこもり大学を開いてほしいという声が多いことから、今回は、地域に数多く埋もれる当事者や家族に、こうした試みの存在を知ってもらおうと、実験的にデモンストレーションとして行うことになった。

 運営は、希望者を募って「ひきこもり大学事務局」をつくったものの、彼らの多くは当事者や社会人らのボランティアスタッフだ。この日は、庵セッションでお手伝いしてくれている学生団体One'sLifeの有志も協力してくれた。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧