ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
企業小説 黒字化せよ! 出向社長最後の勝負
【第3回】 2014年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
猿谷雅治

【プロローグから第1章までを公開!(3)】
初出社早々の絶望――。
汚れた作業着、無気力な社員たち

1
nextpage

万年赤字会社はなぜ10カ月で生まれ変わったのか? 実話をもとにした迫真のストーリー 『黒字化せよ! 出向社長最後の勝負』の出版を記念して、プロローグと第1章を順次公開。万年赤字の問題企業に出向となった沢井。初出社早々、彼を待っていたのは「絶望」だった―――。(連載第1回目、第2回目はこちら

第1章 赴任【7月】
出向初日の衝撃

 「着任以来5年間、みなさんと苦労を共にしてきましたが、残念ながら当社の業績は向上せず……、今回はからずも当社の社長を退任し、親会社の顧問として……。後任の沢井社長は私よりはるかに若く、現役のバリバリで、親会社の各部所で優秀な業績を上げてきたばかりでなく……。また取締役総務部長として赴任された藤村さんは……」

 小さな台の上で、渋谷前社長が退任の挨拶をしている。

 7月1日の午後1時過ぎ、太宝工業の1万5000坪の敷地を東西に貫く幅広い舗装道路のひと隅に社員たちを集めて、新旧経営者交替の挨拶が行なわれていた。
 梅雨が一服して雨はここ数日あがっており、雲間から時折り淡い陽がさすうす曇りの日が続いている。蒸し暑く、けだるい午後だ。

 太宝工業では毎月1日の朝8時30分から、社員全員を集めた朝礼が行なわれる。
 安全面を中心とした注意事項、その他もろもろについて、役員たちが交替で話をする。せいぜい10分か15分ぐらいの朝礼である。

 「今日はお二人が親会社で辞令をもらって、必要なところへ挨拶を済ませてから当社に来られる時間を考慮して、午後1時からにしたのです」

 工場西側の正門を入ってすぐ右手にある木造2階建ての古い事務所の社長室で、食堂から取り寄せた弁当を食べながら、沢井と藤村に渋谷前社長は言った。
 都心にある親会社から、東京のはるか西部郊外の太宝工業までは、車でとばしても1時間以上かかる。沢井と藤村は今朝から忙しい思いをしていた。

 渋谷前社長の挨拶が続いている。

 沢井は眼の前に集まっている社員たちを見て愕然としていた。

次のページ>> 冷たく、離れた心
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


猿谷雅治 

 

さるや・まさはる。1952年東京大学経済学部卒業。住友金属鉱山(株)入社。経理、人事、組織、社長室のほか、事業部総務部長、関係会社出向などを経て1981年取締役就任。1984年常務取締役企画管理本部長。1993年富士短期大学教授。1996年富士短期大学副学長を経て富士短期大学経営研究所教授。1998年没。1964年、「目標による管理」を導入、実施して会社の業績向上に大いに寄与。人間を尊重する目標による管理の思想を中軸として、新しい経営管理論、組織論、リーダーシップ論などの実務への展開に力を注ぐ。主要著書に『目標設定による管理体制』『目標管理の要点』『目標管理の考え方』『創造的リーダーシップ』『仕事と目標と生きがい』などがある。

 


企業小説 黒字化せよ! 出向社長最後の勝負

実話をもとにした迫真の企業再生ストーリー。大会社で役員目前だった沢井は、ある日突然、万年赤字子会社への出向を命じられる。辞令にショックを受けつつも、沢井は1年以内に黒字化することを決意。しかし、新しく人を雇ったり機械や設備を導入する予算はない。今ある人材、設備で黒字化するには社員の意識を変えるよりほかにない。そこで沢井が講じた施策とは…?プロローグと第1章を公開。

「企業小説 黒字化せよ! 出向社長最後の勝負」

⇒バックナンバー一覧