ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インターネットは本を殺すのか

「キンドル」vs.紙の書籍
―日本の出版社で出来なかった事業モデル

村瀬拓男 [弁護士]
【第5回】 2009年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先週13日にグーグル和解案の修正案が裁判所に提出されたようです。報道された限りの情報や、和解管理者サイトに掲載された修正案本文を見る限り、対象となる書籍がアメリカ、英国、カナダ、オーストラリアで出版された作品に限定されること、孤児作品と言われる著作権者不明の著作物に関する収益配分のルールが変更されること、また、対象外となる定期刊行物の例示として「コミックブック」が明記されたことなどが目立つ修正点のようです。この結果、日本の本は「和解対象外」とされたことになり、訴訟の行方に対して右往左往する必要がなくなりました。

 ただし、すでにスキャンされた本のデータがどうなるのかについてはよくわかりません。グーグルに対して削除を要求できるようですし、これだけ騒ぎになったのだから、無断で使用することはないだろうとも思いますが、グーグルは「フェアユース」の抗弁を取り下げていないので、従前の和解案の枠組みの中で削除させたほうが、処理としては安定していたかもしれません。

 ただ、ここまでの連載で繰り返し書いてきたように、デジタルの本と紙の本との共存関係をどう構築していくのかが真の問題点であり、グーグル和解案がこの修正を経た後であっても、それに対するひとつの回答となっていることに変わりはありません。

「キンドル」日本語版の登場は時間の問題

 さて、本題に戻って「キンドル」と「リブリエ」の違いを考えていきましょう。「キンドル」のビジネスモデルについては、様々な場所で説明されていますし、まだ日本語書籍を対象としたサービスは開始されていません。

 一方「リブリエ」は3G通信機能を除けばハードウエア的には「キンドル」とあまり違いはないものの、たいして話題にならないまま日本市場からの撤退を余儀なくされてしまいました。そのため現在日本では本格的な電子書籍リーダーが存在していませんが、近い将来「キンドル」日本語版が登場することは間違いないでしょうし、「リブリエ」の姉妹機である「ソニーリーダー」の逆輸入の可能性もあるでしょう。そうすると、日本の出版界はもう一度、電子書籍リーダーが存在する環境に対応しなければなりません。その時に関係者は何を考えなければならないのか。これは歴史から学ぶのが一番ですし、幸いにして学ぶに足りる「リブリエ」の経験があります。

 ソニー「リブリエ」に対して提供される書籍コンテンツは、ソニー、講談社、新潮社が中心となって、大日本印刷、凸版印刷、その他出版社の出資によって設立された会社が開設したサイト「タイムブック・タウン」から提供される形でスタートしました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

村瀬拓男 [弁護士]

1985年東京大学工学部卒。同年、新潮社へ入社。雑誌編集者から映像関連、電子メディア関連など幅広く経験をもつ。2005年同社を退社。06年より弁護士として独立。新潮社の法務業務を担当する傍ら、著作権関連問題に詳しい弁護士として知られる。


インターネットは本を殺すのか

グーグルの書籍データベース化をめぐる著作権訴訟問題に端を発し、日本でも書籍デジタル化の動きが起こり始めている。これらの動きを追いながら、今後本の世界がどのように変化していくのかを検証していく。

「インターネットは本を殺すのか」

⇒バックナンバー一覧