ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インターネットは本を殺すのか

グーグルの書籍データベース化をめぐる著作権訴訟問題に端を発し、日本でも書籍デジタル化の動きが起こり始めている。これらの動きを追いながら、今後本の世界がどのように変化していくのかを検証していく。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「インターネットは本を殺すのか」の全記事一覧
  • 最終回 2010年は「書籍デジタル化」元年 

    [2010年01月07日]
    昨年はグーグル問題に始まり、ジャパン・ブック・サーチ問題、アマゾンキンドルの上陸と、本とネット、デジタルとの関係が大きく変化する兆しが表れた1年でした。今回はまとめとして今年の展望をお話していきます。

  • 第6回 キンドルが日本に上陸する日 

    [2009年12月03日]
    長年、再販制度と委託販売制度のもとで、自由を謳歌してきた日本の出版社。しかし、電子書籍についてはこのような自由は必ずしも保証されません。各出版社は電子書籍の位置づけや価格政策を考える時期にきています。

  • 第5回 「キンドル」vs.紙の書籍
    ―日本の出版社で出来なかった事業モデル 

    [2009年11月20日]
    「キンドル」より前に発売されていた「リブリエ」は、失敗に終りました。それは、既存の出版ビジネスと抵触させない、という売り手側の事情が透け、それを敏感な消費者が嫌ったという要素があったのかもしれません。

  • 第4回 キンドルの衝撃――電子書籍は本の代替となりうるか 

    [2009年10月29日]
    電子書籍リーダー「キンドル」が発売されました。「キンドル」発売以前、「リブリエ」が発売されていましたが、なぜ「キンドル」はアメリカで定着しつつあるにも関わらず、「リブリエ」は日本で失敗したのでしょうか。

  • 第3回 著作権を無視したエニグモは
    雑誌ビジネスの未来を阻害するのか 

    [2009年10月15日]
    エニグモ社が「コルシカ」という雑誌の販売サイトにて、出版社の事前許諾のないまま、購入者が雑誌のデジタルコピーを閲覧できるサービスを始めました。これは雑誌の「複製」であり、事前許諾のない限り著作権侵害です。

  • 第2回 グーグル和解問題が再燃!
    ライバル・ネット企業の抵抗 

    [2009年09月30日]
    グーグル和解問題の公聴会が延期されたようです。和解案見直しが「手続」や「平等な競争」に絞られるならば、歓迎すべきですが、「デジタルと紙との共存ルール」に反故するならば、残念としか言いようがありません。

  • 第1回 ネットの利便性と戦う「本」という存在 

    [2009年09月09日]
    グーグル著作権訴訟問題をきっかけに、日本でも国会図書館が書籍データベース化を進める動きをみせています。ネットでの利用が活発になれば、「本」も「レコード」のようにネットに殺されてしまうのでしょうか。

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事