ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【ガンホー・オンライン・エンターテイメント】
パズドラの成長鈍化を
子供市場の開拓と海外展開でてこ入れ

週刊ダイヤモンド編集部
【第166回】 2014年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

スマートフォン向けゲームの「パズル&ドラゴンズ」で急成長したガンホー・オンライン・エンターテイメント。成熟説を打ち消すために、さまざまな施策を打ち出している。

 スマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)は、2012年2月にサービスを開始して以降、ダウンロード数が2700万を超えた。これは、スマホ所有者の実に2人に1人がダウンロードした計算で、社会現象ともいうべき大ヒットだ。

 パズドラは、パズルブロックを指で動かしモンスターを倒すというゲーム。自分のモンスターを育成・強化する他、ガチャ(一種のくじ)やイベントで、レアなモンスターを獲得できるなどの仕掛けも、ゲーム愛好家たちの心をつかんだ。

 スマホにインストールすれば無料で遊べる手軽さも、ユーザー数の拡大につながった。1個100円の魔法の石を使えば、ゲームを有利に進めることができるが、無料のままでも十分楽しめるからだ。

そんなパズドラを展開しているガンホー・オンライン・エンターテイメントの13年12月期の売上高は、1630億円で前年同期比6.3倍に、営業利益も912億円で同9.8倍となるなど、急成長を果たした(図(1))。

 売上高は業界3位、営業利益でもバンダイナムコホールディングスを抜いた。そして、時価総額で見れば、今や最大手の任天堂に次ぐ業界2位にまで成長しているほどだ(図(2))。

 利益率も高い。前期の売上高営業利益率は55.3%に達している(図(1))。スマホ向けゲームの開発費は数千万円レベルで、専用機向けゲームソフトの10分の1程度で済むことが大きい。しかも、ゲーム専用機ソフトのように、流通在庫を持つ必要もないため、販売管理費も抑えられるというわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧