ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

米住宅市場が弱含む背景にある
学生ローンの借り入れ増加

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2014年5月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 米住宅市場の回復の勢いが弱くなってきている。イエレンFRB議長も議会証言でその問題に触れていた。

 今回の米経済の回復を牽引してきた重要な柱の一つが住宅セクターであるだけに、当面は注意が必要だ。昨年の途中までは、ファンド筋が積極的に割安物件を購入していた。しかし、FRBが量的緩和策縮小を示唆してから長期金利が急騰し、資金調達コストが上昇した。また、家計のバランスシート調整の進捗とともに、競売に出てくる割安物件が減少してきた。投資家は、「低金利の資金で投げ売り物件を買っていく」という戦術が使えなくなったため、彼らの住宅購入はピークアウトした。

 代わりに、景気回復の流れに乗って、個人の買いが増加してくれればよいのだが、その勢いが今ひとつ加速しない。景気回復といっても、その“果実”が富裕層へ集中的に流れてしまい、中所得層の収入がさほど伸びていないことが理由の一つに挙げられる。2000年以降の税引き後の中位所得の伸びは、米国では+0.3%にとどまっている。英国とカナダの+19.7%、オランダの+13.9%、ドイツの+1.4%よりも低い(「ニューヨーク・タイムズ」紙)。

 また、高騰し続けている大学授業料の問題の余波が住宅市場に押し寄せてきた、という解釈も見られる。1993年を基準にして、日米の消費者物価指数の大学授業料の推移を見てみよう。今の日本は1.3倍強になっている。一方、米国の大学授業料は3.3倍だ。

 親が通常の会社員の場合、米国では親が子供の大学の費用を負うことは一段と難しくなっている。このため、学生ローンの借入額が増加する大学生が多くなっている。卒業後に多額の負債を抱えたカップルの場合、住宅ローンを申し込んでも断られるケースが近年多い。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧