ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
超入門 資本論
【第1回】 2014年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
木暮太一 [経済ジャーナリスト、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 代表理事]

勝者だけが知っている!
この世で「勝つ」ための絶対ルール
教養として知っておきたい『資本論』3つのポイント

1
nextpage

ゲームやスポーツと同じで、この世にもお金や働き方のルールがある。しかし、多くの人はそのルールを知らない。資本主義の仕組みを解説した『資本論』は、この世を牛耳るルールをすでに150年前に解き明かしていた。この連載では、難解な大著『資本論』のポイントを圧倒的に読みやすく解説していく。

なぜ年収1000万円でもしんどいのか?
勝者だけが知っているこの世のルール

 先日、朝日新聞社が発行している「AERA」という雑誌で、年収1000万円以上の人たちの実態を取材した、「年収1000万円の研究」という特集が組まれていました。

 そこで語られていたのは、「この仕事内容で、この給料は割に合わない」「しんどい」という嘆きの声でした。激務すぎて、身体を壊してしまったという方もいました。

 「年収100万円」の時代もあり得るとささやかれる中で、年収1000万円は超高級取りです。年収1000万円に届いている人は、わずか3.8%しかいません。世間一般から考えれば、「目標」とされることが多い金額です。それなのに、1000万円プレーヤーたちは、幸せそうではないのです。なぜでしょうか?

 しかも、自分たちで幸せでない理由を言える人は少ないです。「しんどい」という自覚人はほとんどいません。どうすれば勝ちやすくなるのか、どうすれば“負け”になってしまうのか、“負け”ないためにどんな傾向と対策があるのか、学びません。

 そもそも自分にとって何が“勝ち”で、何が“負け”かも自分で知りません。というより、これらを知ろうとする発想も持っていません。

 ルールを知らなければ、その環境の中で適切に振る舞えません。社会のルールや構造を知らなければ、望む結果が出ないのは当然のことです。

 とはいっても、実社会はゲームやスポーツとは違います。ルールブックが明示されているわけではありませんし、「ルール説明の場」があるわけでもありません。

 会社の上司が知っているとも限りません。場合によっては、定年を迎えるまで結局ルールが何だかわからなかったという人もいるのではないでしょうか?

 資本主義社会のルールは、「経済学」から読み取ることができます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


木暮太一 [経済ジャーナリスト、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 代表理事]

 

慶應義塾大学 経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て独立。学生時代から難しいことを簡単に説明することに定評があり、大学時代に自作した経済学の解説本が学内で爆発的にヒット。現在も経済学部の必読書としてロングセラーに。相手の目線に立った話し方・伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から高評を博し、現在では、企業・団体向けに「説明力養成講座(わかりやすく伝える方法)」を実施している。
フジテレビ「とくダネ!」(木曜レギュラーコメンテーター)、NHK「ニッポンのジレンマ」、Eテレ「テストの花道」などメディア出演多数。
『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』、『カイジ「命より重い!」お金の話』、『超入門 資本論』など著書多数、累計120万部。

 


超入門 資本論

お金と働き方の絶対ルールを知る者だけが勝つ! 今注目の気鋭の経済ジャーナリストが、この世を牛耳る資本主義のルールを解き明かしたマルクスの経済書を3つのポイントから読み解き、それでも勝ち残りたい人のための戦い方と残酷な世界の生き抜き方を解説する。誰もが教養として知っておくべき、最重要経済書の超入門書。

「超入門 資本論」

⇒バックナンバー一覧