googletag.defineSlot('/8631689/Itbiz_KijiUnder_LeftRect', [300, 250], 'div-gpt-ad-1461651472476-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/8631689/Itbiz_KijiUnder_RightRect', [300, 250], 'div-gpt-ad-1461651782773-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/8631689/Itbiz_RightUnder_Scraper', [[300, 250], [300, 500], [300, 600]], 'div-gpt-ad-1461651668679-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/8631689/itbiz_txt_1', ['fluid', [1, 2]], 'div-gpt-ad-1488346110013-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/8631689/itbiz_txt_2', [[1, 2], 'fluid'], 'div-gpt-ad-1488346166245-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/8631689/itbiz_txt_3', [[1, 2], 'fluid'], 'div-gpt-ad-1488346191891-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/8631689/itbiz_txt_4', [[1, 2], 'fluid'], 'div-gpt-ad-1488346218570-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/8631689/itbiz_txt_5', [[1, 2], 'fluid'], 'div-gpt-ad-1488346244251-0').addService(googletag.pubads()); googletag.pubads().enableSingleRequest(); googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); googletag.pubads().enableSyncRendering(); googletag.pubads().setTargeting("Version","201703"); googletag.pubads().setTargeting("Category","other"); googletag.pubads().setTargeting("SerialID","53514"); googletag.pubads().setTargeting("ColumnID","s-it_GRU"); var dlgst = 'false'; if (document.cookie.indexOf('ismss')!=-1){ dlgst = 'true'; } googletag.pubads().setTargeting("DolLogin",dlgst); googletag.enableServices(); });
ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス グローバル・リサーチ・アップデート

CEOたちはデジタルビジネスに真剣に取り組むか?
それとも旧来のeビジネスに固執し続けるのか?

ガートナー・ブログ・ネットワーク
【第25回】 2014年5月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ピーター・ソンダーガード ガートナー リサーチ部門 最高責任者

 すべての企業がテクノロジー企業になっている。CEOや重役たちと会社の成長戦略について議論するたびに、そう感じさせられる。組織においても、企業のビジネスにおいても、政府機関においても、みな同じ傾向にある。古いeビジネスから新しいデジタルビジネス、すなわちdビジネスに変わりつつあるのだ。もはやリーダーたちはテクノロジーを単に効率や機能性のために活用しているのではない。製品やサービス、製造や輸送に至るまで、あらゆる面をデジタル化することで組織を作り替えているのだ。

 果たしてデジタル化が当たり前のように浸透しているのか、CEOたちとの対話から深く掘り下げて見ていこう。もし、本当に組織がdビジネスに変わっていくならば、公式声明でも何らかの方法でデジタライゼーション(デジタル化)について謳わねばならないだろう。デジタル化されたプロセスや価値連鎖から、ビジネスチャンスがどのように現れるのか。また、新しいビジネスモデルやデジタル化した製品やサービスはどう成長していくのかーー年次報告書にも、ある程度の詳細な記述が明記されているべきである。

 そこで、我々は世界のトップ500企業からランダムに25社を抽出し、2013年の年次報告書を読んでdビジネスに関する記載があるかどうか探してみた。すると、驚きでもあり、予想どおりでもあったが、dビジネス関連の記述はほぼ皆無だったのだ。結果は以下のとおりだ。

・25社のうち15社はテクノロジー、IT、デジタル化について言及していなかった。リスク項目にITシステムに関する基本的な記載は見られたが、これは毎年の年次報告書に明記されている内容だ。一方、テクノロジー、デジタル化、モノのインターネットやビッグデータについて触れていた企業は10社だった。いずれも金融サービス業界か、コミュニケーションサービスプロバイダー、もしくは業界での異端児的な企業だった。

・デジタル化について述べていた箇所は、会長またはCEOのメッセージの中だった。しかし、それらはいずれも最後の締めの言葉で、他の箇所に比べてさほど重要視されていなかった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

ガートナー・ブログ・ネットワーク

IT分野の調査会社として、世界50ヵ国以上に拠点を展開するガートナーによる、グローバルな第一線のリサーチャー、アナリストによるブログサイト。個人的な見解ながら、最新のトレンドや動向に対し、いち早く専門的な意見が読める場と注目するユーザーも多い。


IT&ビジネス グローバル・リサーチ・アップデート

グローバル規模で展開するITの最新トレンド・動向を、第一線のリサーチャー、アナリスト、コンサルタントが解説する。

>>最新記事一覧へ

「IT&ビジネス グローバル・リサーチ・アップデート」

⇒バックナンバー一覧