ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

上司の“特別扱い”に不満爆発!
女性社員が「普通」に接してほしい理由

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第2回】 2009年8月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 あなたの職場に女性社員は増えていますか?さらに増えているだけでなく仕事の責任範囲も広がっていますか?

 未だに女性社員に任せる仕事を限定して「無理しなくていい」「できる範囲でいいから」といった変にやさしいマネジメントをしている上司がいたとしたら、それは問題です。その間違った配慮が上司と部下の関係にギャップを生み出すことがあるのです。

 最近の女性社員の多くは、“特別扱い”をうけることに疎外感を感じ始めています。すでに職場に女性が進出している企業が当たり前のように増えましたが、これからは1歩すすんで期待する役割も男性社員に近づけていかなければなりません。

 今回は、上司が女性社員を“特別扱い”したために生まれたギャップが、職場に及ぼす悪影響についてお話します。上司は女性のマネジメントに対する考え方を見直すタイミングかもしれません。

大手企業も続々登用!
「ポジティブアクション」の効果

 皆さんは「ポジティブアクション」という言葉をご存知でしょうか。職場における男女格差を解消する取り組みを指します。

 例えば、女性社員を採用しても本社の管理部門だけに配属していて
《営業職に女性はゼロ》このような状態の企業は少なくありません。こうした職場における女性配属のアンバランス解消を目指す取り組みです。

 「ポジティブアクション」は、平成11年に施行された男女共同参画社会基本法の一環であり、更に2015年以降にやってくる大幅な労働力の減少(団塊の世代が65歳を超えるのが2015年)を早めに見越して推進されてきました。また、男女雇用機会均等法が平成19年に改正され「ポジティブアクション」に取り組む事業主に国が援助するようになったことをきっかけに、女性社員に対して職場での活躍機会を広げる動きはより活発になっています。

 人材・サービス分野のような元々女性社員の比率が高い企業だけでなく、メーカー・販社のような職場を見渡すと男性ばかりの業界でも女性社員が徐々に活躍の機会が増えてきました。パナソニック、リコー、日立製作所を始めとした大手企業でも、採用方法の見直しや女性社員が少ない職場への登用など、積極的に格差解消のための取り組みがされ始めています。

 ところがそうした女性の職場進出が男性上司との間に新たなギャップを創出してしまう気配濃厚です。何故でしょうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧