ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
宅森昭吉の景気の「気」を読む

【特別版】
サッカーW杯予想!日本はベスト8へ
君は「3964」のジンクスを知っているか

宅森昭吉 [三井住友アセットマネジメント理事・チーフエコノミスト]
【第10回】 2014年6月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

6月12日(現地時間)から、4年に一度のサッカー・ワールドカップ(W杯)が始まる。「日本はどこまで勝ち上がるか」、編集部から依頼を受けて、サッカーW杯と景気・株価などの関係を調べていく中で、いくつかの面白いジンクスが発見できた。そのジンクスによれば、日本代表はベスト8進出に希望が持てる。そうなれば、株価や景気にもいい影響が出るだろう。

NHKも新聞テレビ欄で
日本代表を応援

 いよいよ6月12日(現地時間)のサッカー・ワールドカップ(W杯)開幕が迫って来た。これに関して、「日本はどこまで勝ち上がるか、の予想」の執筆依頼を、編集部からいただいた。

 サッカー日本代表がW杯で活躍することは国民的関心事であり、これまでも景気や株価に影響を及ぼしてきている。

 6月2日の朝刊各紙のテレビ欄には同日午後10時からNHK総合で放送される、「プロフェッショナル 仕事の流儀」の放送内容紹介の「縦読み」が注目された。この日は、サッカー日本代表・本田圭佑選手の特集だったが、紹介の文章の一番左端を縦に読んでみると「日本ガンバレW杯」となっている。民放では過去にドラマ「半沢直樹」に絡んだ野球中継での例があるが、NHKでは珍しいことだ。それだけサッカーW杯が注目されていることの証拠だろう。

 これまで日本が出場し海外で開催された大会の国内のW杯の経済効果は、電通総研などにより概ね3000~5000億円規模と試算されてきた。日本代表の活躍は消費などを刺激する。

 さらにサッカーや野球など国際的な試合で日本が勝つと、日経平均株価も上がる可能性が高い。日の丸を背負って戦う選手を見た人たちは、『自分も頑張らなければ』と仕事へのやる気がアップし、物事の見方も前向きになるようだ。それが端的に株価にも表れるのだろう。

なでしこアジア杯初優勝で
視聴率、株価ともにUP

 顕著だったのは97年11月16日、サッカーW杯の初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」だ。深夜のテレビ中継にもかかわらず47.9%と50%近い視聴率を記録し、日本中が熱狂した。しかし、翌朝に飛び込んできたのは、北海道拓殖銀行の破たんのニュース。株式市場が混乱してもおかしくないほどのインパクトだが、そこはW杯初出場の効果だった。なんとその日の日経平均は、1200円も上昇した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宅森昭吉 [三井住友アセットマネジメント理事・チーフエコノミスト]

たくもり・あきよし/三井住友アセットマネジメント 理事・チーフエコノミスト。1957年東京生まれ。1980年3月慶應義塾大学経済学部卒業、同年4月三井銀行(現、三井住友銀行)入行。調査部、市場営業部などを経て94年11月さくら証券チーフエコノミストに。2001年4月さくら投信投資顧問チーフエコノミスト、02年12月三井住友アセットマネジメント、チーフエコノミスト、12年4月1日より現職。主な著書に『ジンクスで読む日本経済』(東洋経済新報社)、「日本経済『悲観神話』はもういらない」(中央公論新社)など。内閣府「景気ウォッチャー調査研究会」委員、日本経済研究センター「ESPフォーキャスト調査委員会」委員、景気循環学会・常務理事も務める。


宅森昭吉の景気の「気」を読む

景気を決めるものは何でしょうか。消費動向、企業の設備投資、海外の経済状況……。いろいろありますが、大切なのは景気の「気」。三井住友アセットマネジメント理事・チーフエコノミストの宅森昭吉さんが、難しい経済指標だけではなく、プロ野球の日本シリーズの組み合わせ、ヒットしたテレビドラマ、天候などなど、社会の森羅万象の動きから、景気の現在とこれからを読み解きます。

「宅森昭吉の景気の「気」を読む」

⇒バックナンバー一覧