ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実
【第4回】 2014年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
並木裕太

経営者の想いを汲み取る感受性があるか?
それが、コンサルタントを雇う判断基準になる
【第4回】村井満さん(日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)チェアマン)

1
nextpage

今年1月末、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の第5代チェアマンに就任した村井満氏。リクルートで長く人事部門に携わり、人材紹介サービスのリクルートエージェントや、ヘッドハンティングを手がける海外の関連会社では経営者としても活躍してきた。人材ビジネスのプロは、これまでのキャリアの中で経営コンサルタントたちとどのように付き合ってきたのだろうか。Jリーグという新たな舞台でチャレンジを続ける村井氏に、コンサルティングの賢い活用術を聞いた。(構成:日比野恭三)

並木 私は経営コンサルティングという仕事を15年近くやってきて、クライアントに心の底から本気で感謝されたことは実のところ数えるほどしかなかったように思います。仮に100のプロジェクトをやってきたとしたら、クライアント企業の経営者から興奮さめやらぬ様子で握手を求められ、「並木くん、本当にありがとう。これからも、ずっと一緒に歩んでいこう」と言われたのはほんの4、5回かもしれない。今回の対談では、コンサルティングを活用する企業側の本音を村井さんに伺って、コンサルティングという仕事への取り組み方を改善するためのヒントを探りたいと思っています。

 村井さんは、リクルート時代も含めてコンサルティング・ファームとどんな仕事をされてきましたか?

村井 いろんな場面でお力添えをいただいてきましたね。マッキンゼーやBCGといった大手のファームや、野村総研のようなシンクタンク系、それにもっとコストの安いところに頼むこともありました。用途に合わせて使い分けていたと思います。

並木 用途による使い分けというのは、具体的にはどういうことでしょうか。

村井満(むらい・みつる) 公益財団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)チェアマン(理事長)、公益財団法人 日本サッカー協会副会長 / 1959年埼玉県川越市生まれ。83年3月早稲田大学法学部卒業、同年4月日本リクルートセンター(現リクルートホールディングス)入社、2000年4月同社執行役員(人事担当)、2004年3月リクルートエイブリック(後にリクルートエージェントに社名変更、現リクルートキャリア)社長、2008年7月社団法人日本プロサッカーリーグ理事(非常勤)、2011年3月リクルートエージェント社長退任、2011年4月RGF香港社長就任、2013年4月同社会長、2013年12月同社会長退任。2014年1月日本プロサッカーリーグチェアマン就任、同年3月日本サッカー協会副会長就任。

村井 まずは、経営課題に対して解決策を提示してもらうというベーシックな使い方。これにはふたつのパターンがあって、ひとつは成熟した既存市場を舞台としたビジネスにおいて、市場を細分化してビジネス・プロセスの因果関係をはっきりさせたり、顧客分析をお願いしたりする「微分」系の依頼です。もうひとつは、例えば海外進出など新たに市場を創造していかなければならない時に、未知の市場に対する戦略の描き方を提案してもらうケースですね。

 それから、誰を説得するかによって使い分けることもありました。もう答えは出ているんだけど、「役員会を通すためのファクトを揃えてくれ」と社内的な説得材料の収集を依頼することもあれば、発注主である経営者が何らかの想いを抱いていて、自分自身を納得させるためにレポートを出してくれと頼むケースもある。

並木 各々のパターンで、コンサルティングの成功する確率に差は出るものですか?

村井 差はありますね。時間に余裕があれば自分たちでもできるけれども、時間短縮のための“ソロバン”としてコンサルタントに頼むことってありますよね。例えば先ほど申し上げたような、明確な結論がすでにあって、役員たちを説得するためにその結論に至るストーリーを固めてもらうような時。これは時間や労力をお金で買うようなものだから、成功確率としては高いんです。ただし、そうしたケースはどちらかというと例外的で、ニーズは低い。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


並木裕太 

 

フィールドマネージメント代表取締役。1977年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。ペンシルヴェニア大学ウォートン校でMBA取得。2000年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。09年にフィールドマネージメントを設立、現任。日本航空をはじめ、ソニー、楽天といった日本を代表する企業の経営コンサルティングを務める。著書に『ミッションからはじめよう!』『日本プロ野球改造論』『ぼくらの新・国富論』(いずれもディスカヴァー・トゥエンティワン)。

 


コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実

戦略系コンサルティング・ファームは、世界中の大企業や政府・公共機関の戦略立案に深く関与し、多大な影響力を行使する頭脳集団です。しかし、その仕事の実態や正しい活用法に関する理解はまだまだ浸透していないというのが実情でしょう。本連載では、ファームのトップ、そしてコンサルを活用する企業経営者双方の声に耳を傾け、業界の現状と正しい活用法を探っていきます。

「コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実」

⇒バックナンバー一覧